Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

放浪中に保護された犬 新しい飼い主との散歩中に起きた「予想外の出来事」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
いぬのきもち WEB MAGAZINE

愛犬や愛猫と出会ったときのことを振り返ると、いろんな思いがこみ上げてきますよね。「私たちと家族になることを選んでくれてありがとう」と、感謝の気持ちを抱いている飼い主さんもいるのではないでしょうか。 【画像】元保護犬くるりちゃんと保護猫ななちゃんの微笑ましい日常 愛犬・くるりちゃん(4才)、愛猫・ななちゃん(2才)と暮らしているInstagramユーザーの@kurunana_sampoさんもそのひとり。元保護犬だったくるりちゃんと出会ってから、飼い主さんご夫婦は今たくさんの幸せを感じているそう。 そこでいぬのきもちWEB MAGAZINEでは、くるりちゃんとの出会いのエピソードや今の暮らしなどについて、飼い主さんにいろいろとお話を伺ってみました。

放浪していたところを保護された過去が

くるりちゃんは生後3カ月の頃、1頭でウロウロしているところを保護され、保護施設で暮らしていました。とある日、「子犬を迎え入れたい」と考えていた飼い主さんご夫婦は、保護施設に足を運んでみることに。 保護施設には子犬が何頭もいましたが、どのコもみんな可愛くてなかなか決められなかったそう。でも、くるりちゃんを見たときに飼い主さんご夫婦の気持ちが動いたのです。 飼い主さん: 「くるりはすでに生後11カ月で16kgもありました。大きかったくるりのそばを通ったとき、ぴょんぴょん跳ねて『ここだよ!』と笑顔で猛アピールしてきたんです。  私たちが選びに来たはずなのに、逆に選ばれた気がして…なんだか嬉しくなり、『このコを家族に迎えてあげたい』と心から思いました」 くるりちゃんに選んでもらったと感じた飼い主さんご夫婦は、くるりちゃんを迎え入れることを決め、新たな生活をスタートさせたのでした。

穏やかで誰に対してもフレンドリー♪

穏やかな性格で、飼い主さんご夫婦が遊びに誘うと想像を超えるノリで遊んでくれる陽気な一面もあるというくるりちゃん。 誰に対してもフレンドリーで、ドッグランに行ったらその場にいるコたちを遊びに誘い、追いかけっこをして思いっきり走り回るのが大好きなのだそう♪ ちなみに、追いかける側ではなく、なぜか追われるほうが好きなのだとか(笑)

【関連記事】