Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【秋華賞】デアリングタクトが史上初の無敗牝馬3冠制覇達成! 感謝の松山弘「こういった馬に出会えて本当に自分は幸せ…馬に『ありがとう』と言いたい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サンケイスポーツ

 10月18日の京都11Rで行われた第25回秋華賞(3歳オープン、牝馬、馬齢、GI、芝2000メートル、18頭立て、1着賞金=1億円)は、松山弘平騎手騎乗の1番人気デアリングタクト(栗東・杉山晴紀厩舎)が勝利。上々のスタートを決めると道中は中団後方でリズム良く追走。勝負どころで進出を開始すると直線で一気に加速してゴールに飛び込み、史上6頭目の牝馬3冠制覇&史上初となる無敗での牝馬3冠制覇を果たした。タイムは2分00秒6(稍重)。  1馬身1/4差の2着にはマジックキャッスル(10番人気)、さらに3/4差遅れた3着にソフトフルート(9番人気)が入った。なお、2番人気のリアアメリアは13着に敗れた。  ◆松山弘平騎手(1着 デアリングタクト)「ホッとした気持ちと、ここまで任せてくださった関係者の皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。パドックでも少しイレ込みがありましたが、この馬ならしっかりこなしてくれると信じていました。少しゲートでうるさいところはありましたが、ゲート自体は上手に出てくれましたし、思っていたようなポジションで折り合いもつきました。しっかり流れに乗れていい競馬ができたかなと思います。力がある馬なので、最後は(馬場の)いいところを走らせようと思いました。強い馬はたくさんいましたが、自分の馬が一番強いと信じて、きょうは挑みました。本当にすごい力を発揮してくれました。体も大きくなっていましたし、いい成長をしてくれているなと思いました。こういった馬に出会えて本当に自分は幸せだなと思います。感謝したいです。ここまで無敗で来られていますし、できればこのまま負けたくないと思います。史上初の無敗の牝馬3冠ということで、正直すごいプレッシャーもあったんですけれども、達成できてすごくうれしいですし、馬に『ありがとう』と言いたいですね。史上初の牝馬3冠誕生ということで、応援してくださった皆様ありがとうございます。これからもいいレースを見せられるように頑張っていきたいと思います。ありがとうございました」

【関連記事】