Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

最前線で働く君へ! 『MUSIC AID FEST.』で心揺さぶられた5つの想い

配信

OKMusic

5月31日、CS放送フジテレビONEと動画配信サービスFODで生放送・配信された『MUSIC AID FEST.~FOR POST PANDEMIC~』。LUNA SEAが交友あるアーティストに声をかけて、最前線で働いてくれている医療従事者やフロントワーカーの方たちに向け、音楽家として何かできないかと企画したチャリティーフェスですが、Char、ELLEGARDEN、一青窈、EXILE SHOKICHI、シアターブルック…といったジャンルを問わない全27組が、実質2週間程しかないタイトなスケジュールの中で、自宅やプライベートスタジオ、リモート収録などで参加。フロントワーカーへの感謝と敬意と共にそれぞれが、観ている人たちに笑顔になってほしい、音楽業界みんなで頑張っていこう、世界中の平和のために…とさまざまな想いを込めてのパフォーマンスに、娯楽や豊かさだけではない音楽がくれるもの、人間にとって必要なものを再認識させられたのでした。こちら視聴自体は無料で、趣旨に賛同・希望した方にREADYFORを通じて支援を募るもので、7月2日まで受付中! 地方局でのダイジェスト版放送しかすでに観れる手立てはありませんが、これを読んで心動いてくれたらぜひ! ■READYFOR ページ http://music-aid-fest.com/

「Make a vow」('20)/LUNA SEA

昨年12月にアルバム『CROSS』をリリース、今年2月~この放送があった5月31日まで記念すべき30周年アニバーサリーツアーが予定されていたLUNA SEA。軒並みライヴ延期が発表になる中で、みんなに寄り添いたいと、初めてメンバー間が直接顔を合わせることのない状態で制作、各自がスマホでの自撮り動画で編集した作品がこの「Make a vow」。『MUSIC AID FEST.』ではさらに別ver.が披露されましたが、6月27日にはファンクラブ会員約1000人がリモート参加した最新ver.「Make a vow –with All of us-」が公開! 違う場所にいるそれぞれ全員が、支えられ支え合う存在であることを形にしたような、そんな素敵な映像に仕上がっています。そして、人は最終的には何に救われて、何のためなら自分を奮い立たせて頑張れるのか? この企画を立ち上げるに際してとても感銘を受けたという、アメリカで4月に行われたフェス『One World:Together At Home』の中心となったレディー・ガガが“これは世界へのラブレター”と言っていたけれど、“誓い”という意味を持つこの曲は、先の見えない不安や絶望、壊れそうで消えそうな想いだってきっと、信じられる何かが強い気持ちを持たせてくれる…そう思わせてくれることでそっと傷口を癒す“クスリ”のよう。そんなふうに思うのです。

最終更新:
OKMusic