Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“届け出てもらえるお金”を見逃すな! 「老後資金ゼロ」で生き抜く方法

配信

週刊女性PRIME

 昨年の夏、金融庁の報告書「老後資金2000万円」に国民は大慌てしたが、なんと50代で金融資産がない世帯が20%も! 女性の2人に1人は90歳まで生きる時代なのに、どうすればいいの!? 今から大金を貯める余裕なんてありはしないというあなたのために、少しでも安心して老後を迎えるための4つのポイントを伝授しよう。 【写真】30代がもっとも低く谷型に! 年代別の「貯金ゼロ」の割合をグラフで見る

老後資金は100歳まで考えておく

 老後資金を考えるにあたり、自分は何歳まで生きると仮定すればよいのだろう。女性の平均寿命が87歳であることから考えると、そのくらいまでは生きられそうだが。 「長寿化が進んでいますからね、もっと生きられますよ。女性の2人に1人は90歳まで生きる時代ですし、人生100年時代に備えるプランを考えていきましょう」と、年金や社会保障問題に詳しい井戸美枝さん。  悠々自適に楽しく幸せな人生を送れるなら、100歳までも長生きしたいが、年金だけでは足りなさそうだし、病気にだってなるかもしれない。長生きしても、健康寿命が短くて医療や介護のお世話になる可能性もあるから、どれだけお金が必要なのか見当もつかない。老後の不安のほうが先に立つ。  金融庁は「老後資金は2000万円」というけれど、金融資産を保有していない「貯金はゼロ」の高齢者世帯が5軒に1軒あるというのが現実だ(下のグラフ参照)。老後破産とか下流老人なんて言葉も決して他人事ではない。 「不安がっていても老後は確実にやってきます。今からでも遅くありません。老後のお金に困らないために、4つの原則を紹介しましょう。1.自分の年金を把握する。2.生涯にわたり働き続けられるスキルや仕事を持つ。3.生命保険を見直す。4.収入の範囲で暮らす生活スタイルを持つ。この4つの原則をぜひ実践してください」

【原則1】自分の年金を把握することが、老後資金の計画を立てる第1歩!

Q.ねんきん定期便って重要?  自分の通帳にいくら預金されているか誰でも知っているのに、年金のこととなると、「複雑だから」とほとんどの人が面倒くさがってしまう。 「でも、自分はどれだけ年金が受け取れるのかを知ることは、老後資金の計画を立てるうえでとても重要です。まずはねんきん定期便を確認してください」(井戸さん)  ねんきん定期便は公的年金の加入者に毎年誕生月に郵送で届く。  まず確認すべきなのが『これまでの年金加入期間』。年金を受給するには10年(120か月)以上が必要なのだ。次に『これまでの加入実績に応じた年金額』。ここには将来もらえる年金額が記載されている。  50歳以上であれば、『何歳から』『どの種類の年金が』『いくらもらえるか』を確認できる。ここまでわかれば、公的年金で足りない分を『じぶん年金』として準備していけばいいわけだ。 Q.本当に老後2000万円必要なの? 「慌てることはありません。確かに毎月約3万~5万円不足するケースが多いのですが、受け取る年金を増やす方法があります」(井戸さん)  1つ目が収入を上げること。給料が高いほど年金も高くなるのだ。  2つ目が定年後も働いて、70歳まで厚生年金に加入し続ければ、年金は増える。  3つ目が年金を70歳から受け取る。受給開始を遅らせれば、年金額はアップする。 Q.パート勤務だけど、厚生年金に入れる? 「入れますよ」(井戸さん)  パートであっても従業員数が501人以上で、年収が105万6000円以上であれば、厚生年金に加入することになっている。そして2022年10月からは、『101人以上』、’24年10月からは小規模の『51人以上』の会社にまで拡大して、厚生年金に加入できるようになる。パートでも厚生年金に加入できれば、年金受取額も増えることになる。 Q.離婚しても、夫の年金を受け取ることができる? 『離婚時の年金分割制度』といい、婚姻期間中の厚生年金の保険料は、夫婦共同のものであるとされる。妻が請求すれば、婚姻期間中の厚生年金記録の最大2分の1が妻に分割される。「ただし、婚姻期間中のみの分ですから、結婚生活が短かった人は、期待するほどの金額にならないかもしれません」(井戸さん)

【関連記事】