Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

これは見続けてしまうやつ! 国立科学博物館が名機「YS-11」の組み立て作業をライブ配信 9月14日9時から5日間

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ねとらぼ

 国立科学博物館が、現存する国産旅客機「YS-11(量産初号機)」の組み立て作業の様子をYouTubeとニコニコ生放送で2020年9月14日9時からライブ配信します。配信期間は2020年9月14日9時~9月18日17時です。 【その他の画像】戦後初の国産旅客機YS-11とは  現場は、完成後に屋内展示する予定の茨城県筑西市「ザ・ヒロサワ・シティ」内航空ミュージアム。YS-11量産初号機の水平尾翼、垂直尾翼、ラダーなどの取り付け整備作業と現場の様子を5日間定点カメラで配信します。  このYS-11量産初号機は2020年3月、解体された状態でザ・ヒロサワ・シティの現場へ運び込まれました。2020年7月に主翼やプロペラ、エンジンの取り付けが完了しており、いよいよ復元完了へという状況のライブ配信。多分見続けてしまうやつです。  なお、9月15日13時から水平尾翼取り付け作業、9月17日12時30分から垂直尾翼とラダー取り付け作業の予定。こちらは移動カメラの稼働も予定します。  国立科学博物館はこの活動を「YS-11量産初号機公開プロジェクト」として取り組んでおり、クラウドファンディングで支援者を募集中。3000円から支援を受け付けています。 (カナブンさん)

ねとらぼ

【関連記事】