Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

両打ちで野球人生を切り開いた田中和基

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

「田中和基が左打席で本塁打」。インターネット速報でこう表示されるのは、彼がスイッチヒッターだからだ。8月18日の日本ハム戦(札幌ドーム)で放った今季第1号は左打席。2号以降は左、右、右、右。そして9月17日のオリックス戦(ほっと神戸)で増井浩俊から放った先制の6号2ランも左打席だった。「打ったのはカーブ。(鈴木)大地さんがツーアウトから出たので、つなぐ意識で打席に入りました。まずは先制できてよかったです」。この夜、球団広報を通じて以上のコメントを残した。 戻ってきた田中「カー君」がさらなる推進力となるか  ここまで左打席で3発、右打席で3発とバランス良く放っているが、注目したいのは右打席での一発だ。昨年5月に左手三角骨を骨折し、左手に負担が掛かる右打席は一時封印。それでも昨年8月に一軍公式戦で放った唯一の本塁打は、解禁した右打席でオリックス・山崎福也から放ったものだった。そして今季、9月5日に放った2本塁打はいずれも右打席、奇しくも相手は同じ山崎福である。  田中にとって「右打ち」は特に思い入れが深いものなのだろう。もともとスイッチヒッターだったが、立大では確率の高いほうを選択し、一時、左打ちに専念していたことがある。だが、「プロを目指す上で両打ちが武器になるのでは」と溝口智成監督と話し合った末に、3年秋にスイッチに戻したという。そして翌年秋、楽天からドラフト3位指名を受けた。そんな経緯があるからこそ、「右打ち」はプロへの扉を開いた武器であり、プロで生きる道を示す貴重なものである。  一般的に言われる「俊足巧打」の枠にはとどまらない、スケールの大きな打撃が田中の魅力の一つ。決して長距離打者というタイプではないが、豪快な一発も期待せずにはいられない打者だ。 写真=BBM

週刊ベースボール

【関連記事】