Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

企業対抗戦に視聴者熱狂 PUBGに見たeスポーツの盛り上げ方【TGS2020】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日経クロストレンド

 「東京ゲームショウ 2020 オンライン」(TGS2020 ONLINE)の2020年9月27日午後10時からは「PUBG JAPAN Esports conference 2020」が生配信された。番組内で行われた企業チーム対抗戦は延べ6万人以上が視聴(ニコニコ生放送)。eスポーツを身近に感じてもらう取り組みとして一つの成功例を示した。 【関連画像】DMM GAMESが主催する「PUBG JAPAN SERIES」は、韓国PUBGより正式に認可されている唯一の日本リーグ  韓国発の『PLAYERUNKNOWN‘S BATTLEGROUNDS』(以下、PUBG)は、近年人気が広がったのバトルロイヤルゲームの一種だ。最大100人のプレーヤーが島内にある武器や防具、車両などを駆使し、最後の1人になるまで生き残りをかけて戦う。一定時間が経過すると徐々に安全に過ごせるエリアが狭くなり、他のプレーヤーに遭遇しやすくなる仕組みが設けられている。PUBGのプレーヤーたちがよく使う言葉に「ドン勝」があるが、これは最後まで生き残ったプレーヤーの画面に「勝った!勝った!夕飯はドン勝だ!!」と表示されることに由来している。  番組の司会進行は、PUBGの日本リーグで実況を務めているOooDa氏。PUBG JAPAN室長の井上洋一郎氏、パートナー企業であるDMM GAMESの斎藤隆行氏らと共にPUBGがこれまで国内で行ってきたeスポーツへの取り組みを振り返った。  DMMが主催する日本の公式リーグ「PUBG JAPAN SERIES」(以下、PJS)は、現在シーズン5まで開催され、シーズンを重ねるごとに視聴者数は増加傾向にあるという。直近のシーズン5においては、配信の総視聴者数が579万人、試合当日の同時視聴者数はおよそ3万人と盛り上がりを見せている。  しかし、立ち上げ当初のハードルは高かったと井上氏は話す。「PJSを開催する以前は、1対1の格闘ゲームや5対5で戦うFPS(First Person Shooter、一人称視点のシューティングゲーム)などが主だった。PUBGは100人で行うゲームなので、eスポーツの大会は『できるわけがない』と言われていた」(井上氏)。  そんな中、国内でのPUBGを使ったeスポーツシーンづくりに手を挙げたのがDMM GAMESだ。「最初は(PUBGを)DMMプラットフォームで販売させてほしいというところから入った。グローバルではやっているゲームということもあり、eスポーツをやるからには日本から強い選手を輩出したいという思いで(協業を)お願いした」(斎藤氏)。

【関連記事】