Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

螢雪次朗、妻が“ラブシーン”のアドバイス。滝田洋二郎監督との出会いは、ピンク映画の現場

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
テレ朝POST

中学生のときに俳優になる決意を固め、高校卒業後、新劇の世界に入った螢雪次朗さん。 26歳で劇団を辞め、30歳のときにヌード劇場に出演したのをきっかけに、ピンク映画、そして日活ロマンポルノに出演することに。

◆ピンク映画の現場で滝田洋二郎監督と出会い

螢さんにヌード劇場での仕事を世話してくれた方の紹介でピンク映画に出演することになった螢さんは、3本目の作品で助監督だった滝田洋二郎監督と出会ったという。 「滝田監督はそのとき、監督作品を1本撮った後で、次の黒田(一平)探偵シリーズという、知る人ぞ知る新しい『痴漢電車』シリーズの主役の役者を探していたんですよね。 『実は今、監督として次の作品の準備をしているので、螢ちゃんやってくれないか』って言われたので、『喜んでやりましょう』って言いました。ラッキーでしたね。 それを製作していたのが向井寛という監督が主宰する制作プロダクション『獅子プロ』で、向井寛が親分で、ほかの監督はみんな子分という感じの古臭いタイプの会社だったんですよ。 つまり、アーティストが集まるとかいうおしゃれな会社ではなくて、向井寛というボスの監督がいて、彼を慕っていろんな監督が入ってくるという会社。 監督やカメラマンたちと一緒に、『どうしたら映画として面白くなるか』ということを模索しながらやっていました。 スタッフは7、8人という少人数で、みんないろんなことを兼任してやっていましたから、全員で作品を作っているという感じでしたね。 5年間ぐらいは、その獅子プロを中心に僕はずっとピンク映画をやりながら、僕にヌード劇場とピンク映画の仕事を紹介してくれた人、番頭さんと呼んでいたんですけど、その番頭さんが『舞台もやろう』って言うので、ストリップ劇場の仕事もしました。 日活ロマンポルノの主役をやった女優さん、あるいはピンク映画で主役をやった女優さんをメインにして、男はいわゆる狂言回し。 ストリップ劇場ですから、主役をヨイショして、お客さんをいじりながらやるしかないんですよ。1日に4回やりますからね。 『お客さん、どうですか?きれいでしょう?じゃあ、ちょっとあなたも彼女とラブシーンの真似事してみましょうか』という感じで、お客さんを舞台に上げて、ちょっとラブシーンのまねごとみたいな、そういうおバカなショーをやっていましたね(笑)」 -ピンク映画、日活ロマンポルノからは色々な監督も出ましたね- 「そうですね。さっき言った獅子プロは、滝田監督を筆頭に、そのあと佐藤寿保とか、瀬々敬久もそうですね。瀬々は京大を出て助監督で来て(笑)。 僕ははじめて彼に現場で会ったときを覚えていますよ。ほかの助監督が、『螢ちゃん、こいつ京大卒業して来たんですよ。バカでしょう?』って言って、みんなも『親は泣いてるね』とかって言ってましたよ(笑)。 この間もそんな話をしたんだけど、僕は滝田組の作品にずっとレギュラーでほとんど出ているでしょう? そうすると映画界って、なぜかほかの監督は、『あの人は滝田組の常連だから、自分はキャスティングしないでほかの人を』って、だいたいそういうものなんですよ。 だから、僕は瀬々の映画も1本も出たことがない。聞いたことはないですけど、それは瀬々のなかの仁義なんですよ。『螢さんは滝田組のレギュラーだから、私が声をかけちゃいけない』って」 -金子修介監督も螢さんにオファーしたのに、同時上映が滝田監督の作品だったので出演しないことになったそうですね- 「そうです。今はそんなことはないでしょうけどね。ただ、ピンクの世界は、妙に先輩後輩とか、結構体育会系だったんですよね、いろんな意味で」

【関連記事】