Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「1日1基しか作れないV10」「打倒タイプRの日産の意地」! 技術屋の魂がこもった市販車の「名エンジン」とその伝説

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Auto Messe Web

時代の移り変わりとともに1世代で消えてしまった名作エンジンもある!

 名機と呼ばれるエンジンは時間を越えて愛され続ける輝かしいもあれば、時代にマッチせずに消えてしまったり、名機の素質はあったのに1車種に搭載されただけで消えてしまった残念なものもある。ここでは、誰もが知っている、納得できる名機ではなく、マニアック&ちょっと変わり種の名機5選を紹介したい。 【写真】「200台限定」パルサーVZ-R N1のとてつもない凄い走り

【1】1LR-GUE型 単体価格約900万円! 生産台数は1日わずか1基の超絶ユニット

 R35GT-Rに搭載されるVR38DETT型エンジンは日産の横浜工場で匠と呼ばれる職人が手で緻密に組み上げられ、発売当初の単体価格が400万円であることも話題となったが、日本にはこれを超える製造&組立方法で生産され、単体価格(補修部品)が約900万円といわれるプレミアムなエンジンが存在するのだ。  それが1LR-GUE型エンジン。自然吸気の4.8リットルV型10気筒という、スーパーカー並みのマルチシリンダーと聞けば、これが2009年に500台限定で発売されたトヨタのスーパースポーツ「LFA」のモノだと気が付く人も多いのではないだろうか。  560ps/48.9kg-m(日本初の500psオーバー)と欧州のスーパーカーと肩を並べるスペックも素晴らしいが、レッドゾーンは4.8リットルとしては驚異的な9000rpm、レブリミットは9500rpmというからまさにトヨタ渾身のパワーユニットといっていいだろう。そのため、オイル供給はレーシングエンジンと同じドライサンプ方式となっている。  開発には長年トヨタの高性能ユニットを手掛けてきたヤマハ発動機も参画。最初はV8という案もあったが、トヨタのF1エンジンや長年参戦してきた耐久レース(グループC)のイメージを踏襲するためにV10となったそうだ。  スーパーなのは数値だけでなく、ピストンはアルミ鍛造、コンロッドはチタン鍛造、クランクはクロモリ鍛造(前端にはねじり防止のダンパーが付く)などムービングパーツには高品質な素材を採用。シリンダーヘッドは軽量&コンパクトな設計で高効率シリンダージャケットや燃焼室の3D加工成型などの最新技術が投入されている。  そして、部品を1台の加工機を使って全個数の精度を確認。それらを手組みによって完成させる生産効率を無視した体制を敷いていた。ちなみにエンジンは1人で1基を担当し、本体には製造者のアルミネームプレートが取り付けられている。ここまで徹底した管理体制の下で組み上げられたエンジンは過去に存在せず、まさにトヨタの常識を打ち破ったといっていいだろう。単体価格約900万円といわれるも納得できるというわけだ。

【関連記事】