Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「確実に死ぬ」ほぼ全裸主演の犬飼貴丈が裸になるよりも怖かったこと

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 累計発行部数555万部突破の青春ダイビングコメディ漫画を原作にした映画『ぐらんぶる』が、8月7日に公開される。俳優の竜星涼と“W全裸主演”を務めたのが、テレビ朝日系特撮ドラマ『仮面ライダービルド』で一躍注目を集めた俳優の犬飼貴丈だ。  竜星とともに本編の至る所で裸体をさらし、下半身にモザイク処理を施される衝撃的場面にも挑んだ。第25回ジュノンボーイグランプリという肩書きをかなぐり捨てたかのような体当たりぶり。しかし犬飼本人としては、裸になること以上に高いハードルがあったという。全裸以上に困難なものとは一体!?

 演じたのは、無駄にイケメンなアニメオタクの大学1年生・今村耕平。自分を中心とした女子高生美少女サークルがないことを真剣に悩むド変態で、北原伊織(竜星)と一緒にダイビングサークル・ピーカーブーに半ば強制的に入部する羽目になり、マッチョな先輩にもみくちゃにされながらもダイビングの魅力に気づく。  屈強な男たちとサークルメンバーの愛菜(石川恋)を取り囲むようにビーチを走る場面では、犬飼を含む男性陣全員の下半身にモザイク処理が施された。犬飼は「幸か不幸か、人生初モザイク。今までの映画史上、画面に対してのモザイク量の比率が高い作品だと思います。半裸の男性陣に囲まれる石川恋さんは悲鳴を上げていましたが、男子の気持ちは結束していました」と胸を張る。  英勉監督からは“これが一番撮りたかったシーンだ!”と聞かされていたそうで「それだけに天候なども含めて、撮影するまでにかなり粘りました。僕の中でも印象深いシーンの一つです」と爆笑的行為とは裏腹に真剣そのものだ。

 「バモスッ!」といきなり叫んで屈強な男たちと異様なテンションで踊りだすダンス場面も、コミカルな設定とは一転して緻密に計算して演出されたもの。クランクインの1ヶ月前から動きを体に叩き込んだ。「動きの速度や振り付けが一人でもズレると見栄えが悪くなる。自分のポジションや周りの状況を把握しながら、高いテンションを維持しなければいけない」と難しい撮影となったが「現場の雰囲気として、真面目なところは真面目にやり、ふざけるところは思いきりふざけるようなメリハリがしっかりあったので、テイクを重ねることなくOKが出た」と達成感がある。  服を着ないシーンが多いがゆえの珍事も。「屈強メンバーの方々の“毛剃り待ち”という時間が何度もありました。スタッフの方からの『今、毛を剃ってますので!』という言葉に対してみんなが『はーい』と冷静にその状況を受け入れてしまうという異様さ。全員の頭がおかしくなっていたんだと思います」とどれもが斬新な体験だった。

【関連記事】