Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

環境を意識した食育、食文化の継承などを表彰 若い世代も発信、農水省「第4回食育活動表彰」受賞者決定

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オーヴォ

 農林水産省は、食育を推進する優れた取り組みの功績を広く周知して食育を推進していこうと、「食育活動表彰」を実施している。対象は、ボランティア活動、教育活動、農林漁業、食品製造・販売、その他の事業活動を通じた食育関係者の取り組みだ。そしてこのほど、「第4回食育活動表彰」の農林水産大臣賞、消費・安全局長賞の受賞者が決定した。  表彰の対象となるのは、第3次食育推進基本計画の重点課題を中心に、「若い世代を中心とした食育の推進」「多様な暮らしに対応した食育の推進」「健康寿命の延伸につながる食育の推進」「食の循環や環境を意識した食育の推進」「食文化の継承に向けた食育の推進」などに寄与した活動。都道府県・政令指定都市・大学などからの推薦による「ボランティア部門」と、自薦応募も可能な「教育関係者・事業者部門」の2部門を設定。今回、186件の事例の中から、特に優れた取り組みを行っている7件の団体に農林水産大臣賞、優れた取り組みを行っている12件に消費・安全局長賞が授与された。  ボランティア部門の農林水産大臣賞は、東日本大震災・原発事故の避難を経験し、放射線と食の安全についての車座意見交換会を開催している「楢葉町食生活改善推進員会」(福島県)、若い世代を対象に健康課題に関する情報発信・政策提案・商品開発などの活動を行っている「畿央nutrition egg チーム」(畿央大学・奈良県)、山形の食文化を生かした「健康で豊かな食生活」の実現を目指して活動している「やまがた食育ネットワーク」(山形県)などが受賞した。  なお、6月27日(土)に「第15回食育推進全国大会inあいち」(愛知県国際展示場・愛知県常滑市)開会式で予定されていた表彰式は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止となった。  受賞者は以下の通り。 ■ボランティア部門 (1)食生活改善推進員の部 【農林水産大臣賞】 楢葉町食生活改善推進員会(福島県) 【消費・安全局長賞】 東海村食生活改善推進員連絡協議会(茨城県)、大阪市港区食生活改善推進員協議会(大阪府) (2)大学等の部 【農林水産大臣賞】 畿央nutrition egg チーム(畿央大学)(奈良県) 【消費・安全局長賞】 北九州市立大学 地域共生教育センター 『食』から学ぼうプロジェクト(福岡県)、東京家政大学 食リンピック実行委員会(東京都) (3)食育推進ボランティアの部 【農林水産大臣賞】 やまがた食育ネットワーク(山形県) 【消費・安全局長賞】 特定非営利活動法人 食生活応援団ベジフルバスケット(宮崎県)、特定非営利活動法人 眞知子農園(島根県) ■教育関係者・事業者部門 (1)教育等関係者の部 【農林水産大臣賞】 京都市立高倉小学校(京都府) 【消費・安全局長賞】北海道大学大学院農学研究院・北海道新聞社編集局(北海道)、竹村 久生(静岡県) (2)農林漁業者等の部 【農林水産大臣賞】 南島原ひまわり村(長崎県) 【消費・安全局長賞】 石坂ファームハウス(東京都)、季の野の台所(愛知県) (3)食品製造・販売者等の部 【農林水産大臣賞】 生活協同組合コープおきなわ(沖縄県) 【消費・安全局長賞】 合資会社 野田味噌商店(愛知県)、小樽商工会議所「知産志食しりべし」プロジェクト(北海道) (4)地方公共団体の部 【農林水産大臣賞】 岡崎市食育推進会議(愛知県)

【関連記事】