Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アーティストのプリント作品をチャリティー販売する「Art Can Save Us」。収益は医療機関に寄付

配信

美術手帖

 アーティストのサイン入りプリント作品をオンラインで販売し、収益を新型コロナウイルスに対応する国立国際医療研究センターへ寄附するチャリティー企画「Art Can Save Us」が5月16日よりスタートする。ウェブサイト公開は12時、販売開始は20時を予定しており、5月31日までの期間限定。  「Art Can Save Us」では、賛同するアーティストが無償提供した作品を25枚限定で高品質プリント。アーティストがサインをしたうえで、一律1万5000円でオンラインサイト「Art Can Save Us」にて販売し、収益は国立国際医療研究センターに寄附する。  同チャリティーを立ち上げたのは有志のアートコレクター2名で、アーティストの平子雄一とアートコレクターの宮津大輔が全面的にサポート。「Art Can Save Us」事務局は同企画について以下のようにコメントしている。「ギャラリーやジャンルの垣根を越えてアーティスト賛同と印刷会社の協力が得られたことを嬉しく思う。日本では馴染みの少ないアートチャリティとして購買体験をしてもらうために企画した。『ステイホーム』をしつつ、自宅でアートを楽しんで貰えれば嬉しい」。  参加アーティストは以下のとおり。淺井裕介、大坂秩加、小田駿一、工藤麻紀子、熊野海、小林エリカ、坂本和也、高岡周策、中園孔二、長井朋子、HAL KUZUYA、平子雄一、花井祐介、M!DOR!、モート・シナベル・アオキ、森洋史、LY(参加アーティスト追加の可能性あり)。

【関連記事】