Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

福岡市の特攻施設跡、立ち入れず 隊員収容の歴史「伝承を」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
共同通信

 太平洋戦争末期、エンジンの不調などで帰還した特攻隊員を収容、再教育した旧陸軍施設「振武寮」跡地(福岡市中央区薬院)がマンション建設予定地として昨年から立ち入りが規制されている。1964年から九電記念体育館として市民に親しまれた場所は、塀越しでしか見ることができない。風化を懸念する研究者らは「伝承活動がより重要になる」と訴える。  福岡女学院中学・高校の前身校の寄宿舎を旧陸軍が接収し寮に使った。帰還した隊員ら約80人が収容されたとみられ、軍人勅諭を書かせられたほか、上官から「なんで死んでこなかったのか」と責められたり暴行を受けたりした。

【関連記事】