Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

宇宙でも使える化粧品の共同開発 ANAとポーラが連携

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

ポーラ・オルビスホールディングスとANAホールディングスは、「宇宙ライフを美しく快適に」をコンセプトとして製品を共同開発するプロジェクト「CosmoSkin」を発足した。 プロジェクト第一弾として、宇宙でも使える化粧品の共同開発を開始し、まずは2023年の商品化を目指すとのことだ。 ポーラ・オルビスグループは、肌の知見や製剤技術を活かし宇宙ライフに適した化粧品の研究開発を実施、ANAホールディングスは、地上よりも宇宙環境に近いといわれている航空機内を実証実験の場として提供する。 ポーラ・オルビスグループでは、自社グループが目指す将来像に有用なヒントを得ること、またイノベーションの活性化を目的として宇宙に関する取り組みを行っている。 一方、ANAホールディングスでは、新たな収益事業の一つとして宇宙事業を検討する部門横断型プロジェクトを2018年1月に立ち上げ、宇宙旅行を始めとする宇宙輸送や衛星データ活用など新しいビジネスモデルの検討を進めているという。 今回、2019年の宇宙ビジネスアイデアコンテストS- Boosterにて、ポーラ・オルビスグループの「美肌ウェルネスツーリズム」がANAホールディングス賞を受賞し、共同で事業化検討進めるなどの連携をきっかけに共同開発プロジェクト「CosmoSkin」をスタートするに至ったとしている。 今後近い将来、民間宇宙旅行が可能になると言われており、宇宙ライフを美しく快適にするための化粧品づくりを両者協力のもと目指していく方針を示している。

【関連記事】