Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【函館スプリントS】ロードカナロア産駒のダイアトニックが2馬身差のV 初コンビの武豊「スプリント能力はかなり高い」

配信

スポーツ報知

 ◆第27回函館スプリントS・G3(6月21日、函館・芝1200メートル、良)  サマースプリントシリーズ第1戦は16頭で争われ、1番人気のダイアトニック(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎、父ロードカナロア)が武豊騎手を背に、好位から直線であっさり抜け出し、19年スワンS以来の重賞2勝目を挙げた。勝ち時計は1分7秒5。  2馬身差の2着は、10番人気のダイメイフジ(菱田裕二騎手)が逃げ粘り、3番人気のジョーマンデリン(岩田康誠騎手)がさらに半馬身差の3着に入った。  武豊騎手(ダイアトニック=1着)「断然の1番人気だったので結果を出せてホッとしている。スタートが速かったので迷わず、ハナ切ってもいいくらいの気持ちでいった。初めて乗せてもらったけどスプリント能力はかなり高い。58キロだったのでごちゃつくのが嫌だったが、いいポジションが取れました」

報知新聞社

【関連記事】