Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スマホでの情報収集、動画の利用が拡大/若年層ほど企業のSNS発信に反応する傾向【Glossom調査】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MarkeZine

 Glossom(グロッサム)は、企業のデータ活用を促進するための研究機関「Glossomデータインサイトラボ」を設立し、その取り組みとしてスマートフォンユーザーの情報収集動向を時系列に分析する「スマートフォンでの情報収集に関する定点調査」を実施。その結果を発表した。

SNSの利用時間は昨年比26.9%増

 情報収集におけるスマートフォンの1日平均利用時間は、2019年の「112.1分」から2020年は「126.6分」と13.0%増。さらにサービスをSNS、サーチエンジン、メディアに分類し、利用実態を調査すると、利用率はいずれも75%超となった。利用時間を調査すると、SNSの利用時間増加が顕著で、2019年比で26.9%増、1日平均利用時間が「67.1分」と3分類の中で最も長かった。

YouTubeの利用時間が昨年比で約7割増

 SNSのなかでも、特にYouTube(無料版)が利用時間増を牽引し、YouTubeの利用時間は「16.0分」(2019年)から「27.8分」(2020年)と73.3%増加した。また利用率は50.7%(2019年)から56.3%(2020年)と11.1%増と、動画による情報収集が拡大していることがわかった。

企業がSNSで発信する情報には若年層ほど反応する傾向

 SNSのタイムライン(フィード)上で、自分がフォローしている企業やブランドが発信する情報と、友達がシェアした企業の情報、企業広告への反応を調査すると、いずれも若年層ほど「ほぼ全て見る」「少しでも興味があるものは見る」と回答し、反応度合いが高かった。また若年層のほうが「自分でフォロー」「友達がシェア」と、「企業広告」への反応度合いの差が大きく、特に女性で顕著だった。

【調査概要】 調査主体:Glossom 調査対象:日本全国に在住のスマートフォンを所有する10代~70代の男女 回答者数:2020年調査は1,442名、2019年調査は2,060名 調査方法:インターネットによるアンケート調査 調査時期:2020年調査は2020年6月11日(木)~6月13日(土)、2019年調査は2019年5月31日(金)~6月3日(月) 標本構成:男性721名、女性721名(10代から70代まで各103人)

MarkeZine編集部[著]

【関連記事】