Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

台風9号、昼すぎに暴風警報か 家屋倒壊の恐れも 沖縄発着180便が欠航

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
沖縄タイムス

 大型で強い台風9号は31日午前3時現在、沖縄の南にあり、勢力を強めながら時速15キロで北へと進んでいる。気象庁によると31日未明には非常に強い勢力となって沖縄地方に迫る見通しで、旧盆入りのウンケー(お迎え)に当たる31日から9月1日に掛けて暴風となり大荒れの天気になる恐れがある。一部家屋が倒壊するような猛烈な風が吹く可能性があり、気象庁は高波や土砂災害などにも警戒するよう呼び掛けている。 台風9号の予想接近時間  気象庁によると31日午前3時現在、中心気圧は955ヘクトパスカル。中心付近の最大風速40メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から半径150キロ以内は風速25メートル以上の暴風、中心の南560キロ以内と北440キロ以内は風速15メートル以上の強風が吹いている。  台風は31日に非常に強い勢力となり、沖縄気象台によると、本島地方と宮古島地方は昼すぎに、八重山地方は夜の初めごろに暴風警報が発令される見通し。  31日の中心気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートルとなる見込み。沖縄地方に最接近する9月1日はさらに強まり、中心気圧が935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルと予想されている。  沖縄地方は31日夜から9月1日に掛けて雷を伴う猛烈な雨が降り、大雨となる恐れがある。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、竜巻など激しい突風や落雷、高潮にも注意が必要。気象庁は頑丈な建物への早めの避難など厳重に警戒を呼び掛けている。  航空各社によると31日は県内空港発着の180便が欠航し、約9200人に影響が出る見通し。沖縄旅客船協会によると伊江-本部など一部区間は全便欠航の予定。本島-離島間や宮古、八重山など多くの航路は早朝に運航を判断する。

【関連記事】