Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

上半身の若さを取り戻す静的ストレッチ。肩こりや腰痛改善にも。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
クロワッサンオンライン

撮影・中島慶子 スタイリング・高島聖子 ヘア&メイク・高松由佳  モデル・くらさわかずえ 文・石飛カノ

以前に比べて動けなくなった、歩けなくなった…いま、多くの人がそう感じているかもしれません。これからもアクティブで楽しい人生を送るために、部屋での楽々トレーニング、始めどきです。トレーナー、スポーツ&サイエンス代表の坂詰真二さんに教わります。

下半身のストレッチと筋トレを続けていくと、歩幅が広くなった、疲れにくくなったという変化が感じられてくるはず。その実感こそ、下半身の機能を取り戻しつつあるという証拠です。 より若々しい体を手に入れたいという気力が湧いてきたら、次に取り入れたいのが上半身の楽トレ。下半身同様、まずは静的ストレッチから。肩こりや腰痛の改善効果もあり。すべて10秒キープ×3セット。

・胸

1.猫背で肩が前に出た巻き肩姿勢の改善に役立つストレッチ。両足を腰幅に開いて立ち、両手をお尻の後ろで組む。

2.視線はまっすぐ前に。両肘を伸ばしながら肩を後方に引いて胸を開く。楽に呼吸をしながら10秒キープ。

【NG】肩が前に出てしまうと胸がしっかり開かない。

\ 肩を出さずに! /

・背中

1.あぐらをかいて座り、額の前で右の手首を左手でつかむ。右の手のひらは内側、左の手のひらは外側に向ける。最初は両肘を曲げてゆるめておく。

2.つかんだ手首を引っぱり斜め上に伸ばし、体も同方向にやや側屈。10秒キープ。反対側も。

【後ろから見ると】手首を引っ張ったとき、肩甲骨周辺の筋肉が伸ばされる。

・腰

1.両膝を曲げ、右斜め後ろに足を出した横座りをする。両手を頭の後ろで組み、肘を開く。

2.肘を閉じ、背中を丸めながら右斜め下に上体を側屈。視線を膝に向けて10秒キープ。腕の重さを利用して腰まわりを伸ばすことがポイント。反対側も。

【NG】側屈させる方向が逆。足を出したほうへ上体を傾ける。

\ 背中を丸めて! /

・お腹

1.うつ伏せになって足を軽く開き、体をまっすぐに伸ばす。脇を締めて両手のひらを顔の横の位置で床につける。

【関連記事】