Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

総火演 戦車の交信は何を話しているの? わかりづらい理由と理解深める「聞き取り方」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
乗りものニュース

わかりやすく配慮された「総火演」でもわかりにくい「無線交信」

 毎年、静岡県御殿場市にある陸上自衛隊 東富士演習場にて行われている「総火演」こと「富士総合火力演習」ですが、新型コロナ感染症対策のため、2020年5月24日(日)に予定していた一般公開は見送られ、その代わりに例年、一般公開の前に実施している「教育演習」が23日(土)午前10時よりライブ配信されます。 【写真】「総火演」恒例 偵察バイク部隊とアヒル様の儀式 「総火演」は、1961(昭和36)年から始まった陸上自衛隊の行事で、一般公開が始まったのは1966(昭和41)年になってからです。  そもそも自衛官を対象に開催されている「総火演」ですが、広報目的の要素が強くなってきたことから、見学する一般人でも分かりやすいようさまざまな工夫がなされており、たとえば会場のスピーカーからは、自衛官による演目についての解説が流れます。しかしそれでも分かりにくいのが、同じスピーカーから流れる、戦車などに乗っている隊員同士の無線交信の内容です。  戦車の車内はエンジンの音がうるさく、確実に意思を伝達するために「車内通話装置」を使っていても、戦車乗員の声は大声になりがちです。また無線交信は電波を発射するため、こちらの位置情報や通話内容が敵に伝わり、逆襲や反撃に合う可能性があります。このため、無線でのやりとりは必要最小限かつ素早く行われ、その口調は強く早口です。つまりそもそもが、当事者間以外には伝わりにくい話し方がなされているのです。  この車内における無線交信の一部は前述のように、会場に設置されたスピーカーから流れるのですが、特有の話し方ということもあり、慣れないと聞き取りづらいものでしょう。

基礎知識をふまえて2019年の「総火演」での事例を解説

 実際になにを話しているのか。それを理解するには、少しだけ自衛隊の組織に関する知識が必要です。それは、部隊の単位です。  戦車部隊の場合、4両1チームを「小隊」と呼び、これが部隊単位の基本となります。チームの最小単位は2両1組の「班」で、つまりひとつの小隊にはふたつの班があり、これらを「1班」「2班」と呼称します。4両の戦車を指揮する小隊長は1班の車両に乗っているため、「小隊長兼1班長」ということになります。  以上をふまえたうえで、昨年行われた「令和元年度富士総合火力演習」の「前段演習」における、10式戦車の無線交信を例に、その内容を解説していきます。  会場には、最初に小隊長が乗る「1班」2両の10式戦車が登場しました。「2班」の前進を掩護するための射撃を行いますが、ここでは「3、4の台、装甲車、1班、対りゅう、撃て」と言っています。これは、会場に設置された標的の設置場所であるところの「3と4の台」にいる敵の「装甲車」を、「1班」が「対戦車りゅう弾」で「射撃をする」という意味になります。  基本的な射撃号令のルールとしては、まず「目標の場所」、次に「目標物」、そして「誰が」「何(砲弾の種類)を撃つのか」、最後に「撃て」と射撃の指示をします。  続いて、「1班」の掩護下に進入してきた「2班」に対し、2班長が「5の台、戦車、徹甲、2班集中、左へ、撃て」と指示を出しています。先ほどと同様のルールに則って発していますが、「左へ」という指示が追加されています。これは、敵の照準や射撃を回避するために、左に曲がりながら撃つという高度な技を出すための号令であり、それが「左へ」「右へ」だけで表現できてしまうのです。  2発目以降も撃つ目標が同じだった場合、さらに号令は省略され「同一目標、右へ、撃て」などとなります。

【関連記事】