Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

台風14号(チャンホン)発生 西日本や沖縄に接近の可能性

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウェザーニュース

10月5日(月)9時、日本の南で発達中の熱帯低気圧が台風14号(チャンホン)になりました。 今週後半に西日本や沖縄などに接近する可能性があるため、今後の情報に注意してください。 ▼台風14号 10月5日(月)9時  擾乱種類   台風(TS)  存在地域   日本の南  移動     西 ゆっくり  中心気圧   998 hPa  最大風速   18 m/s (中心付近)  最大瞬間風速 25 m/s

進路はまだ正確に予想しきれず

台風14号はしばらく西に進んだ後、北に進路を変えると予想されていますが、予報円が非常に大きいことから読み取れるように、進路の不確実性が高い状況です。(※予報円の大きさは台風の強さや大きさではなく、進路の不確実性を示します) ヨーロッパやアメリカなど世界各地の気象機関が計算したシミュレーション結果で今後の位置を比較すると、沖縄を西進するものから、本州の南を東進するものまで、とりうる進路には大きな幅があることがわかります。どのような進路をとるかは高気圧の勢力や、上空のジェット気流の位置次第で、予測の誤差が非常に大きいと言えます。 進路次第で各地への影響が大きく変わります。進路予報は日が経つごとに精度が良くなるため、随時最新の情報を確認するようにしてください。

10月に入って1つ目の台風発生

台風14号は今年10月の1つ目に発生した台風です。10月の台風発生数の平年値は3.6個です。 今年は7月までに発生した台風が合計2個ととても少なかったものの、8月は7個、9月は4個の台風が発生しています。 例年、10月には台風の発生数が少なくなり始めるものの、強い勢力のまま本州方面に近づくことがあるため油断が出来ません。台風による大雨や暴風への備えを今一度ご確認ください。

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。 台風14号の名前「チャンホン(Chan-hom)」はラオスが提案した名称で、木の名前が由来です。

ウェザーニュース

【関連記事】