Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「格闘家 VS 街の喧嘩自慢」動画がYouTubeを席巻中 “朝倉未来フォーマット”が広がる理由とは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 朝倉未来のYouTubeチャンネルが成功したことにより、彼の人気企画にならった動画を展開する格闘家YouTubeが増えている。 【写真】あおり運転で怒鳴り込んできた男を撃退する朝倉未来 “成敗”系動画も人気コンテンツだ  朝倉は現在、151万人の登録者数を誇る押しも押されもしないトップYouTuber。ブレイクのきっかけとなったのは、昨年6月5日に公開された動画「街の喧嘩自慢にプロ格闘家がスパーリングを申し込んだらやるのかやらないのか」。繁華街などで見かける血気盛んそうな若者とプロファイターの実力差は、どの程度のものなのか……。そんな素朴な疑問に拳一つで答える、ありそうでなかった企画は大きな反響を呼び、一躍“朝倉未来”の名を格闘技ファン以外にも知らしめるきっかけとなった。  朝倉は、今年7月26日に自身のYouTubeチャンネルで公開した「最近についての語り」と題した動画で、「俺を皮切りに格闘家もYouTubeに軒並み入ってき始めた」と言い、「俺の動画を参考にしてるなって言う人が多い」と語っていた。  その言葉通り、明らかに朝倉の動画にインスパイアを受けていると思しき動画が、最近散見されるようになっている。  たとえば、K-1スーパーライト級王者の安保瑠輝也は8月15日、朝倉の「街の喧嘩自慢にスパーリング」企画をそのまま踏襲した動画を投稿。朝倉版との大きな違いは、相手がかなりの手練れということもあって、割と本気で仕留めにいっているところ。互いのプライドがぶつかり合う、スリリングな“漢比べ”は見ごたえ十分。全員叩きのめした後に、居酒屋で打ち上げをやるという流れも“本家”と一緒だ。  元K-1ファイターでキックボクサーの皇治は9月13日、「アンチと初対面スパーリングしてみた」と題した動画を投稿。朝倉も今年2月に「アンチの前に本人登場してみた」と題した動画を公開しているが、アンチの眼前に現れるだけで対決はしていない。しかし皇治はガッツリアンチと拳を交え、ものの数秒でKOしている。“チャラいイ”メージで売っている皇治だが、スパーリング後、アンチとひざを交えて「誹謗中傷で相手が傷ついて亡くなったら責任を取れるのか?」と真剣に諭しているのが印象的だった。  初代K-1 WORLD GPウェルター級王者で、ボクシングへの転向を表明している久保優太は9月12日、「【朝倉未来公認企画】K-1王者が歌舞伎町の喧嘩自慢にオタクの格好でガチにスパーリングを申し込んでみた!!【喧嘩】」と題した動画を投稿した。  本企画は、YouTubeチャンネルの再生回数が伸びない久保に対して、朝倉が送った「オタクの格好で治安の悪い所へ行って不良が声をかけてきたらスパーリングをすれば良い」というアドバイスをそのまま実行したもの。その結果、動画一本当たりの再生回数数万程度だった彼のチャンネルで突出して高い143万回再生を記録。朝倉がコンサルとしても優秀であることを立証した事例となった。  これらの動画には、トップファイターが街の不良やアンチを真っ当に成敗するカタルシスとともに、対戦相手を単なるさらし者にしたり、いたずらに負傷させたりしないという落としどころが用意されている。さらなる視聴回数を……と、過激さを増してしまわないか、というのは懸念されるところだが、いずれにしてもこの“朝倉フォーマット”とでもいうべき類型の動画は、今後も格闘家YouTuberの間で量産されていくことだろう。

こじへい

【関連記事】