Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高校生のために代替の県大会開催、スポーツ・文化輝く場

配信

宇部日報

「やまぐち高校生2020メモリアルカップ」

 村岡嗣政知事は5日、県庁で記者会見を開き、新型コロナウイルス感染拡大防止で、インターハイや甲子園の県予選、各種コンクールが中止となった高校生のために代替大会・活動を7月から実施すると発表した。    運動部の代替大会は「やまぐち高校生2020メモリアルカップ」と題し、競技別に開催予定。現在、県高体連の34競技と硬式・軟式野球のうち、水泳やハンドボール、バスケットボールなど25競技程度で、実施に向けた検討が進められているという。    文化部の代替活動は、発表の様子をDVDに録音・録画し、各校に配布する「やまぐち高校生2020メモリアル文化発表会」。予定では高校総合文化祭の15部門のうち、全体発表を行う演劇など7部門の部活が対象となる。録音・録画はプロの業者が担当。希望する学校はウェブで公開し、審査・表彰も行う。    いずれも全学年が対象で、上位大会にはつながらない。県は本番に向けて部活動に取り組む高校生たちを応援しようと「やまぐち高校生部活動応援サイト」の開設も予定。大会の日程や組み合わせ、生徒の思い、卒業生からの応援メッセージ、画像などを公開する。    村岡知事は「集大成を発揮できる場を何としてもつくりたかった。今まで培ってきた力を、思う存分出し切ってほしい」と開催の趣旨を説明。浅原司教育長は「社会全体にも元気と活力を発信できる取り組みになれば」と話した。大会の開催費用などは6月の補正予算に計上される。