Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『魔進戦隊キラメイジャー』あす13日からエンディングがキャラソンに

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 テレビ朝日系で放送中のスーパー戦隊シリーズ『魔進戦隊キラメイジャー』(毎週日曜 前9:30~10:00)。番組の最後には、エンディングテーマ「キラフル ミラクル キラメイジャー」に合わせて、キャスト陣が披露する「みんなで踊ろう!キラメイダンス!」を放送しているが、13日放送予定の第23話から9週間にわたって、レギュラー陣が歌うキャラクターソングを毎週1曲ずつ公開していく“キラメイ音楽祭”がスタートする。 【写真】キラメイジャーがバンドを結成!?  各キャラクターのダイジェスト映像に合わせて、キャラクター本人が歌うという、それぞれの魅力がたっぷり詰まったスペシャルエンディングをお届け。  トップバッターを飾るのは、マブシーナ(CV:水瀬いのり)。クリスタリアのお姫さまの魅力が詰まったキャッチーな曲「クリスタル・シグナル」を、マブシーナがキュートに歌う。  20日放送の第24話では、なんとキラメイジャーがバンドを結成!? キラメイバンドによる「勇気を奏でて」をお披露目。  キラメイピンク/大治小夜役・工藤美桜の「得意なドラムが叩きたい」という希望を取り入れたエピソードが登場する第24話(20日放送)のエンディングでは、キラメイジャーがバンドを結成。もちろんドラムは工藤、歌が得意なキラメイイエロー/射水為朝役・木原瑠生がボーカル、そしてキーボードはキラメイグリーン/速見瀬奈役・新條由芽が担当する。さらに、キラメイレッド/熱田充瑠役・小宮璃央がギターを、キラメイブルー/押切時雨役・水石亜飛夢がベースを、それぞれ時間の許す限り練習して参加。「キラメイジャー」らしい前向きな応援ソングが誕生した。  27日放送の第25話のエンディングは、キラメイレッドによる「ひらめキーング!かがやキーング!」。“絵描きモード”に入った充瑠のテンションを、小宮が大好きだというラップで表現した部分に注目。昨年の「レコード大賞」で作曲賞を受賞した岩崎貴文が作詩作曲を手掛けた痛快な楽曲となっている。  10月4日放送の第26話は、キラメイイエローの「弾丸Shooting Star」。木原が高い歌唱力を発揮した“キャラソン史上、最強にかっこいい”ダンスナンバーが完成した。  10月11日放送の第27話、キラメイグリーンの「Winding Road」は、疾走感あふれるポップナンバーを新條がさわやかに歌い上げる。  10月18日放送の第28話、キラメイブルーの「Perfect Blue」は、一見、かっこいいバラード…しかし『キラメイジャー』を見ている人にとってはクスッと笑える要素が満載、という不思議なカメレオンソングが誕生した。  10月25日放送の第29話、キラメイピンクの「キセキをユメみる?」は、「本当はいい子なだけじゃないのよ」という小夜の小悪魔感が盛り込まれた、ジャジーな“激エモ”ナンバーとなっている。  11月8日放送の第30話は、作詩作曲・編曲をあの世界的プロデューサー・古坂大魔王が手掛けた楽曲「博士じゃないよ、博多だよ!しかも南だよ!」。もちろん、歌唱は博多南無鈴(古坂)。なんだか気分がアガる、どこか懐かしいサウンドがクセになること必至だ。  11月15日放送の第31話は、クリスタリア宝路(庄司浩平)の楽曲は、絶賛制作中。作詩・阿木燿子、作曲・宇崎竜童という山口百恵さんを支えた往年のコンビが手掛けるとあって、いやがうえにも期待が高まる。なお、阿木&宇崎コンビが東映特撮作品に楽曲を提供するのは『ビーファイターカブト』以来、約25年ぶりとなる。  今月23日に発売されるミニアルバム『魔進戦隊キラメイジャー(2)』には、マブシーナ「クリスタル・シグナル」と、博多南無鈴「博士じゃないよ、博多だよ!しかも南だよ!」が収録される。 ■『魔進戦隊キラメイジャー』テレビ朝日公式サイト https://www.tv-asahi.co.jp/kiramager/ ■『スーパーせんたいフレンズ』 https://www.super-sentai-friends.com

【関連記事】