Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

テキサス州の広告代理店は、いかに職場を再開したか?:「社会的責任を強調している」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
DIGIDAY[日本版]

テキサス州に本拠を置くアーム・キャンディー(Arm Candy)が5月末に、2カ月以上前に閉鎖していたオフィスを再開した。独立系メディアエージェンシーの同社は7人の従業員を抱えているが、再びオフィスで勤務するかどうかの選択は従業員に任せている。再開した当日にオフィスに戻ってきた従業員は、7人中5人だった。 「ストレスがたまるこの時期に、オフィスに戻るという選択肢を与えることは、彼らの1日の過ごし方にポジティブな影響をもたらすだろう」と、アーム・キャンディーのCEO、ジョン・ロッズ氏はいう。「別の選択肢があり、オフィスに戻りたければそうすることもできるという状況は、人々が以前から求めているものだ。重要なのは従業員にここに来てもらうことではなく、どのような職場環境でも従業員が快適に過ごせるようにすることにある」。 米国では自宅待機命令が解除された州もあり、一部のエージェンシーは、従業員を安全な形でオフィスに戻す方法を模索している。だが、その際に考えるべきなのは、エージェンシーのオフィスがどの州にあるのかということだけではない。従業員が何人いるのか、エージェンシーが持株会社の一部なのかどうか、オフィスのある建物がエージェンシーの所有でない場合に、従業員をオフィスに戻すことを建物の所有者が許可するのかといったことも影響してくる。 大規模な企業から小規模のスタートアップまで、あらゆるエージェンシーがオフィスを再開すべきか、するならいつにすべきかを検討しているなかで、アーム・キャンディーはオフィスの再開を進めている。 「規模が小さく、独立系であるほうが困難は少ない」と、ロッズ氏はいう。「我々のほうが少しばかり柔軟に対応できる。全員の安全を確保するためのポリシーを策定し、実施するのは我々のほうが簡単だ。500人規模のエージェンシーを運営していれば、このレベルで何かを実行するのはもっと難しくなるだろう」。

【関連記事】