Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

小芝風花、コメディエンヌの道で開花 若くして演技のふり幅広げる女優たち

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 新ドラマ『妖怪シェアハウス』(テレビ朝日系)で、民放連続ドラマ初主演を務める小芝風花。NHKほか地上波ドラマでの活躍が続く小芝だが、ここ最近はコメディ色の強い役どころで爪あとを残しており、そのポジションを確立しつつあるようだ。かつての若手女優といえば、無垢な清純派イメージを重視。30代を過ぎたあたりからようやく、悪女役やコメディなどさまざまな作品に挑戦して役の幅を広げるのが一般的だったはずだ。しかし、ここ最近はその流れが早まっているようにも見受けられる。若くしてイメージ定着を恐れず、果敢にコメディエンヌの道を歩む小芝の軌跡と女優力に迫る。 【画像】くびれキュッ!ビーチでフレッシュボディを披露した小芝風花 ■相次ぎ地上波ゴールデンに出演、追い風を受ける実力派女優  小芝風花といえば、昨年1月期の『トクサツガガガ』(NHK総合)での特撮をこよなく愛する隠れオタクの主人公・仲村叶役も記憶に新しい。前向きに生きる姿や、好きなものを通して出会った人々との交流を描いたコメディドラマで愛嬌たっぷりにオタク女子の悲哀を好演。視聴者層の広いNHKでその名前と顔を売った。  さらに、今年4月期の『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系)のヒロイン役では、サスペンスに留まらずコメディ、ラブストーリー、グルメドラマなど多様なジャンルにまたがる同作において、シリアスな演技とともにコメディエンヌとしてのコミカルな姿を惜しみなく披露。その存在感を際立たせた。  そうしたなか、今回は民放連続ドラマ初主演にしてオリジナル脚本のホラーコメディ『妖怪シェアハウス』に抜擢された。小芝は、気弱で言いたいことも口に出せず、空気ばかり読んでいる女の子・目黒澪を演じる。澪はルームシェアをしている妖怪たちに出会い、その自由で縛られない姿に感化され、やがてたくましく成長していく。  小芝がこれまでの出演作で示してきた演技力と、コメディエンヌとしてのはじけっぷり、とぼけ役における技量から、小芝ならではのポジティブオーラを溢れさせるコミカルな澪役の好演への期待が高まる。SNSでは「笑顔に癒やされながら、笑わせてもらえそう!」「キラキラ笑顔の座長のドラマたのしみすぎる!!」など早くも盛り上がりをみせており、放送後の反響も期待できそうだ。

【関連記事】