Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【WLN女子部発】秋に映える新色“バーガンディー”、ジャケ・ドローを実機レビュー

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウオッチライフニュース

【モデル紹介】

 女性編集者がレディースウオッチの新作を実際に見て、感想を交えて紹介する本企画。今回はJAQUET DROZ(ジャケ・ドロー)のグラン・セコンド カンティエームの9種類の新作のなかから、深みのあるバーガンディーカラーのモデルに注目しました。  グラン・セコンド カンティエームは、1784年に創業者のピエール_ジャケ・ドローが作り上げた懐中時計に着想を得て、2011年に誕生したジャケ・ドローを代表するコレクション。  その最大の特徴は、二つのインダイアルをアラビア数字の“8”の字形に組み合わせたデザインです。上部で時間と分を、下部では秒と先端が赤く彩られた針で日付けを表示しています。モデル名の“グラン・セコンド”の通り、秒針が搭載された下部のインダイアルのほうをより大きくデザインしているのも特徴です。  そんなグラン・セコンド カンティエームに2020年、新ケース径41mmで、18金レッドゴールドケースを備えた4本と、ステンレススチールケースを採用した5本の合計9モデルもの新作が加わりました。そのなかでも、筆者が密かに気になっていたのが、18金レッドゴールドケースにバーガンディーエナメルの文字盤を組み合わせたモデル。今回実機を取材することができたので、早速紹介していこうと思います。

・新作モデルと旧モデルの違いはなに?

 旧モデルより変更が加えられた点はいくつかありますが、まず触れたいのがケースサイズ。これまで39mm径そして43mm径のモデルが登場していましたが、新たに発表されたのはその中間に位置する41mm径のモデル。男性はもちろん、大きなサイズを好む女性にも着用できるユニセックスモデルです。  下に、左から43mm径、新作の41mm径、そして39mm径を並べて配置した画像を添付してみました。サイズが異なるだけでなく、デザインにも若干の違いが見えます。例えば、43mm径モデルと41mm径モデルを比較すると、二つのインダイアルの重なり具合が若干異なっているのがわかるでしょうか。43mm径モデルのほうが、二つのインダイアルがより交差するように重ねられています。

【関連記事】