Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

休業要請解除で群馬県内の公営3施設が開所 感染拡大防止へ規模を縮小して船出

配信

上毛新聞

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い3、4月の開業が延期されていた群馬県内の公営3施設が1日、相次いで開所した。県が5月30日に警戒度を3から2に引き下げ、事業者への休業要請を全面的に解除したため。ただ、高崎市岩押町の大型コンベンション施設「Gメッセ群馬」では既に予約の4割超がキャンセルとなり、当面の利用は小規模イベントに限るなど、各施設とも不安を抱えての船出となった。

◎念願の開所も4割超で予約キャンセル Gメッセ群馬

JR高崎駅東口近くの高崎競馬場跡地に建設されたGメッセ群馬では1日、山本一太知事ら関係者がテープカットで開所を祝った。山本知事は「Gメッセを群馬の発信力や活力を強化する施設にする。ここから一歩を踏み出したい」とあいさつした。

 4階建てで、延べ床面積3万2726平方メートル。北関東最大の1万平方メートルの展示ホールのほか最大17室の会議室を備える。総事業費は約248億円。2018年1月に着工し、20年3月に完成した。

 当初は4月18日の開所を予定していたが延期となり、ようやく開所にこぎ着けた。5日から本格的な利用が始まるが、県のガイドラインに沿って当面は50人以下のイベントに限った運用になる。警戒度が1に下がれば、大規模イベントの開催の可否を検討する。

 一方、本年度の予約件数は194件だったが、展示ホールを利用するものを含めて84件がキャンセル、3件が来年度以降に延期となった。この影響もあり、展示ホールの日数稼働率は33.1%と低迷。事業計画で掲げた65%を大幅に下回る厳しいスタートとなった。

◎絹遺産の発信加速へ 世界遺産センター

 世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」の魅力を伝える県立世界遺産センター「『世界を変える生糸の力』研究所」(セカイト)のオープニングセレモニーが1日、富岡市の同施設で開かれた。当初は3月27日の開所予定だった。

 山本一太知事と、伊勢崎、藤岡、下仁田の3市町の首長はオンラインで出席。山本知事は「(センターでの調査研究を基に)世界に向けて研究成果をプレゼンできるようにしたい」とあいさつした。

【関連記事】