Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

終身保険の種類や必要性って?どんなメリット・デメリットがある?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

終身保険とは、一生涯保障が続く保険のことです。終身保険にはメリットもあればもちろんデメリットもあります。 今回は終身保険の種類や必要性、メリット・デメリットまで詳しく解説していきます。終身保険選びの参考にしてください。

終身保険とは?

終身保険とは生命保険のひとつです。被保険者が死亡もしくは高度な障害状態になった際に、事前に指定した受取人が保険金を受け取れます。 また被保険者が死亡したり高度障害状態になったりする前に解約した場合、「解約返戻金」を受け取ることができ、貯蓄性も兼ね備えているのが特徴。 被保険者に万が一のことがあった場合は家族の生活を金銭的に支え、途中で解約すれば被保険者がまとまったお金を受け取ることができる心強い保険です。 保障期間は一生涯! 終身保険は途中解約しなければ、被保険者が死亡または高度障害状態になるまで保障が一生涯続きます。契約を更新したりする必要がないため、保険の管理をするのが苦手な人にもおすすめです。 保険料の払込期間を選ぶことができる 終身保険料の払込期間には大きく分けて「終身払い」と「短期払い」の2つがあります。 終身払いとは、被保険者が死亡または高度障害状態になるまで毎月保険料を払い続ける払込方法です。月々の保険料は安くなりますが、老後にも保険料の支払いが発生します。 一方、短期払いは、決められた期間内または年齢までに保険料を支払い終える払込方法です。月々の保険料は高いですが、老後は保険料の支払いがありません。 途中で解約すると解約返戻金がもらえる 終身保険は途中で契約を解約すると「解約返戻金」を受け取れます。 保険に加入している年数が長いほど解約返戻金の金額は増えます。保険加入年数によっては、これまで払ってきた保険料の総額を上回る解約返戻金を受け取れるケースも。 逆に契約期間が短いうちに解約してしまうと解約返戻金をもらえなかったり、解約返戻金が払ってきた保険料総額を下回ったりする可能性もあるので、頭に入れておきましょう。

【関連記事】