Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

混乱後の人類、世界はどうなる? 壮絶「パニック映画&ドラマ」5選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CREA WEB

 新型コロナウイルスが、依然として猛威を振るっています。なるべく人との接触を避け、自宅で過ごすことが大切――。しかしウイルスは目に見えないため、なかなか危機意識を持ちにくいかもしれません。 【関連記事】人を想うことの美しさ 「男同士の恋愛」を描いた映画5選  そこで今回は、非常時の行動規範や思考を学べる「パニック映画&ドラマ」を5本ご紹介いたします。

#01『コンテイジョン』

動画配信サイトで視聴数急増No.1!  注目の映画 「新型コロナウイルスの状況に酷似している!」といま、動画配信サイトで視聴数が急増している映画です。  未知のウイルスが、香港を起点に世界で蔓延。日に日に感染者が増え、医療崩壊が訪れ、パニックが起こり、街は封鎖され、世界が激変してしまう――。そんな世紀末の世界を描いています。  各界の関係者に綿密な取材を行ったうえで作られた『コンテイジョン』は、世界保健機関(WHO)が実名で登場するなど、徹底してリアル。  ウイルス発生後の一部始終が、「市民」「政府」「医療現場」それぞれの視点で克明に描かれ、私たちがいま生きる現実とのリンクに戦慄させられます。  さらに恐ろしいのは、「その先」までも描いていること。もしこの作品のシナリオと同じように現実が進んでしまったとき、どのような事態が想定されるのか。  「ワクチンが出来上がっても、すぐに終息することはない。そして起きたことは、元通りにはならない」という残酷な現実と、気が遠くなるほど永い闘いに、絶句させられます。  しかし同時に「いま私たちはどう動くべきか」考える機会や視座も与えてくれるのです。  観るのに勇気を要する作品だが、これ以上の「予防」になる“薬”もない――。そう思わされるほど、圧倒的な映画です。 コンテイジョン DVD/Blu-ray 販売中定額配信 U-NEXT、Netflixネットレンタル Amazon Prime Video

#02『FLU 運命の36時間』

あまりに過激!  阿鼻叫喚の地獄絵図を描いた感染パニック映画  『コンテイジョン』が冷静に出来事を積み重ねていくスタンスなのに対し、『FLU 運命の36時間』は狂気のような激情が充満した作品。  遅々として進まない治療にパニックになった感染者は暴動を起こし、抗体の奪い合いになり、ついには軍隊が出動する大騒動になってしまう……。  「都市封鎖」を提言する医療関係者と政治家の対立を描くサスペンスや、アクションもふんだんに盛り込まれ、後半は目をそむけたくなるようなショッキングな描写も多数観られます。   病院に運ばれた患者たちのマスクが血で真っ赤に染まっているといったぞっとする演出や、感染者が咳き込んだ際の飛沫を可視化し、様々な人々を病魔に侵していくさまを劇的に描いています。  あまりに過激なシーンの数々に、観終えた後は手洗いやうがいといった感染症対策を徹底しよう、と誓うに違いありません。 FLU 運命の36時間 DVD/Blu-ray 販売中定額配信 U-Next、Hulu、Amazon Prime Videoネットレンタル Amazon Prime Video

【関連記事】