Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「40年に1度」の花咲く ニューサイラン、かほくの民家で

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
北國新聞社

 かほく市中沼の木本保久さん(74)方に27日までに、40年に1度咲くと言われるニューサイランの花が咲いた。少なくとも60年前に植えたそうで、花を見るのは初めて。木本さんは両親を思いながら「何かいいことが起きるかもしれない。早くコロナが収まりますように」とほほ笑んだ。

 ニュージーランド原産の多年草。長い葉は生け花やフラワーアレンジメントに向いており、県いけ花文化協会の常任理事を務める妻伸子さん(71)も生け花に葉を使ってきた。

 10年以上前にビワの木の下から、日当たりの良い場所に移し、背丈は現在2メートル程度。先月、葉の中央から茎が伸びて枝分かれした後、だいだい色の花が幾つも咲いた。1度咲くと、数年続けて咲くこともあるという。

 「40年に1度」の事実を今になって知り、「まさかそんな貴重な花やとは思わなかった」と伸子さん。保久さんは「亡くなった母は草花が好きだった」と静かに語った。

北國新聞社