Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

自宅で極上のスパ気分を味わうためにできる3つの工夫

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウィメンズヘルス

新たに行われた台湾の研究では、1時間のアロマセラピーを受けると、心が落ち着くだけでなく、血圧を下げる効果があることが明らかになった。ただし、蒸発させたエッセンシャルオイルに長時間さらされると、健康に害を及ぼす可能性もあるので注意が必要とのこと。 【写真】お風呂に浸かることのうれしい効果と、おすすめの「ナチュラル入浴剤」 それなら自宅でスパと同じようなストレス解消効果を得るには? 今回はこの方法をアメリカ版ウィメンズヘルスからご紹介。

研究チームは、典型的なスパの条件を模倣した実験室を設置し、柑橘系フルーツから採れるエッセンシャルオイルの一種、ベルガモットの香りを閉め切った室内に拡散させた。ベルガモットは、アロマセラピーやマッサージオイル、香水にも幅広く使用されている。そして、スパで働く健康的な従業員100人の被験者たちにその室内に2時間滞在してもらい、研究者たちは15分ごとに被験者たちの心拍数や血圧を測定した。すると、最初の1時間では、被験者たちの心拍数と血圧は共にわずかに低下した。しかし、75分が経過するとその傾向が逆転し、心拍数も血圧も上昇し始めたという。 「エッセンシャルオイルの香りに1時間ほどさらされることで、心拍数や血圧が低下し、リラクゼーション法としては非常に効果的であることがわかりました」と話すのは、この論文の筆頭著者、カイジェン・チャン博士。エッセンシャルオイルは、皮膚から吸収されるか、嗅覚系を通して全身を巡るため、ストレス緩和剤として機能するとチャン博士は仮定した。一度体内に入ると、大脳辺縁系や脳に伝わり、リラックスするように働きかけるシグナルを出してくれるよう。 ただし、使用には注意が必要。「エッセンシャルオイルの香りに1時間以上さらされると、心臓血管の健康に有害となる恐れがあります」と、チャン博士は補足。大半のアクティビティと同様、ほどよく使用することがリラクゼーションと健康のカギだという。 ストレスを晴らしたいけど、スパに行く余裕はないという人は必読! 自宅でベルガモットの心地よい香りを堪能する3つのヒントを参考にしてみて。

【関連記事】