Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

女性の老後はいつか「ひとり」。知っておきたい老後のお金問題

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
webマガジン mi-mollet

今のような将来に不安を感じる“危機”のときこそ、お金についての知識があると不安を少しでも軽くすることができます。『知識ゼロでも! 日本一わかりやすいお金の教科書』の刊行を記念して、アラフォー女性が知っておくべき「令和のお金の新常識」をお届けします。 【年金】専業主婦の老後は“年収78万円”。今からできるマネー対策とは?  

女性の老後はいつか「ひとり」

これからの時代、独身で老後を迎える女性も増えていくのではないでしょうか。 また、家族がいたとしても、平均寿命が女性のほうが高いという事実は今後も変わらないでしょうから、女性の老後はゆくゆく「ひとり」になる可能性は男性に比べて高いと言えます。 *2020年現在、女性の平均寿命は87.64歳、男性は81.34歳ですが、2050年には女性は90.40歳、男性は84.02歳になると予測されています(内閣府「2018年版高齢社会白書」より)。 多くの人が老後のお金について不安を抱いていますが、ひとり暮らしならなおさらです。 そこで、今回のテーマは「おひとり様の老後への備え」と、誰もが気になる「年金」についてお伝えしします。正しく知って、不安を解消していきましょう。    

いまさら聞けない!そもそも年金制度って?

「年金って本当にもらえるんですか?」とよく聞かれます。 制度に対して半信半疑の人が多いのかもしれませんね。でも大丈夫、もらえることはたしかです。ただし、金額は今よりも減るおそれがあります。 まず、公的年金は国の社会保障制度なので、保険金を払う/払わない の選択肢はありません。会社員ならお給料から天引きされていますよね。 そもそも年金って、どんな制度なのでしょう? 私はよく「どんぶり理論」で説明します。大きな1つのどんぶりに、現役世代の人みんながお金を入れて(保険料)、そのどんぶりの中身を高齢者や障害のある人などに配る(年金)イメージです。 これからは高齢者がもっと増えて現役世代が減るので、もらえる年金額は減る可能性が高いといえます。でも、どんぶりの中にはたくさんのお金が入っているので、まったくもらえなくなるということはありません。

【関連記事】