Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

河北裕介さんの美人印象メイク! 地味顔さんは赤みブラウンで柔らかな彫りを

配信

集英社ハピプラニュース

印象コントロールの匠・河北裕介の美人印象メイク

「MAQUIA」5月号では、その人の魅力を存分に引き出すメイクテクニックを人気アーティストが指南。今回は、印象コントロールの匠、河北裕介さんの“美人印象メイク”をご紹介!

ブラウンで美人印象

「顔のメリハリは、美人印象を構成するひとつの鍵。日本人は欧米人に比べるとどうしても顔の作り方がフラットだから、いかに顔の“彫り”をコントロールして美人印象にするかが大事なんだ。ブラウンが持つチカラは、ナチュラルな影が生まれて“彫り”をつくれるということ。自分の顔を研究し、ブラウンを適材適所にちりばめれば、自分に“なじむ”美人印象が手に入る」 Yusuke Kawakita

for地味顔さん

「大事なのは、トーン。赤み系で温かさや女っぽさを添えて、柔らかな彫りを作るイメージを。でもすべて同じブラウンじゃ野暮ったいから、テラコッタやモーヴブラウンなど、ちょっとずつずらしたワントーンで洒落させるのが肝」

<EYE>面より線にブラウンの色気を

「目元にブラウンの面積を増やしすぎると、土っぽくくすんで見えてしまうことも。さりげなく“線”でブラウンを感じさせると色気が高まる」

1 まぶたには、艶とほんの少しの影をプラスする。アイホールにAを指で薄くなじませて。2 明るいブラウンのマスカラBで、上下まつ毛をトーンアップ。温かくソフトな眼差しに。3 眉マスカラCでトーンアップを。眉表面のみ、眉頭から眉尻までさっと色をつけるだけ。

A 光と陰影を生み出す、みずみずしいクリームシャドウ。オンブル プルミエール ラック 32 ¥3900/シャネル B 明るいブラウンで瞳の印象まで明るく見せてくれる。&be マスカラ テラコッタ ¥1500、C 自眉のようにナチュラルな質感のまま、トーンアップを叶える。同 アイブロウマスカラ モーヴブラウン ¥1300/Clue

MAQUIA 5月号 撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/河北裕介 スタイリスト/滝沢真奈 モデル/椎名美月 取材・文/森山和子 構成・文/吉田百合(MAQUIA) ※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

【関連記事】