Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ヒット1本で交代」という“偵察登板”の予定だったが……まさかの完全試合/プロ野球20世紀・不屈の物語【1966年】

配信

週刊ベースボールONLINE

歴史は勝者のものだという。それはプロ野球も同様かもしれない。ただ我々は、そこに敗者がいて、その敗者たちの姿もまた、雄々しかったことを知っている。 プロ野球史上もっとも荒れた完全試合

それまで通算7勝の右腕

 近年は投手の予告先発もあって見られなくなったが、20世紀のプロ野球には控えの選手を先発で出場させ、相手の先発メンバー次第で、レギュラー格の選手に交代させる作戦があった。交代させられる選手は“偵察メンバー”と呼ばれ、記録では出場していることになるが、“当馬”という注釈がつく。今なら「人権問題だ」などと叫ぶ人が集まってきてしまうかもしれない。  この作戦も多種多様で、登板の予定がない投手が打線に並ぶケースが多かった印象があるが、投手は先発完投が当たり前、リリーバーはスターター失格の投手の役割とされていた時代には、こうした“二流”の投手が先発で登板し、すぐに“一流”の投手にマウンドを託すこともあった。もちろん、“二流”とされた投手には屈辱的なことでもあるだろう。ただ、そんな“偵察登板”から、投手としての最大の栄誉ともいえる快挙を達成したのが、1966年、大洋の佐々木吉郎だった。  秋田商高では無名の存在だったが、社会人の日本石油でエースとなって都市対抗を制覇、橋戸賞にも選ばれて、社会人No.1投手として東映(現在の日本ハム)との大争奪戦を経て、三原脩監督から「逆転優勝に向けた巻き返しの秘密兵器」と期待されて、62年9月に大洋に入団した。だが、7試合に登板して勝ち星なしの4敗。63年オフにヒジ痛、「水を飲んでも太ってしまうんです」(佐々木)という体質にも苦しみ、その後も勝ち星は伸びず。別所毅彦コーチのスパルタ指導で徐々に力をつけたが、64年には巨人の王貞治に長くプロ野球記録として残るシーズン55号の本塁打を献上している。  65年はゼロ勝。首脳陣の信頼も失い、背水の陣で迎えたのが66年だった。そして5月1日の広島戦(広島市民)。偵察メンバーを多用する広島に対し、三原監督は右腕の佐々木を先発させ、広島が左打者を出してきたところで、60年に大毎で33勝を挙げてリーグ優勝の起爆剤となった左腕の小野正一に交代させる作戦に出た。小野は、すでにブルペンで準備を開始している。このシーズンまだゼロ勝の佐々木は、別所コーチから「ヒットを1本でも打たれたら交代するぞ」と言われて、先発のマウンドへ向かった。

【関連記事】