Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヘルスライターが4つの「ストレス解消法」を試した結果

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウィメンズヘルス

ヘルスライターで2児のシングルマザーでもあるタラ・アリーは、育児と仕事に追われる目まぐるしい毎日を送っている。左手でスナックを準備しながら右手でメールを読み、そんな日々がいつ終わるのかと疑問に思ってしまうことも。 【写真】過度なストレスを抱えている5つのサインと対処法 2018年にイギリスの慈善団体「Mental Health Foundation」が行った調査結果によると、81%の女性が年中ストレスを抱えているという。タラは、瞑想を指導するリザ・キンドレッドの最新の著書『Eff This! Meditation』に出会い、興味をそそられた。キンドレッドが言うように、毎日の小さな習慣が日常生活のテンポを遅らせることなんて本当にできるのか。というわけで、実際に検証してみることにした。 その結果をオーストラリア版ウィメンズヘルスから紹介。

[1分]息を吸う<息を吐く

ただ呼吸を(できるだけ深く)数回する。5秒かけて息を吸い込み、7秒かけて息を吐く。心を落ち着かせるための呼吸法は目新しいアドバイスじゃないけど、「どのように呼吸をするか意識的に選択することで、神経系を直接管理することができます」と、キンドレッド。 【感想】 1日に3回、1分間の“呼吸”機能をスマートウォッチに設定した。アラーム音がランダムに鳴るので、最初はイラッとした。スマートウォッチにはセンサーが搭載されていて、呼吸をサボればすぐにバレるので、アラームを止めて、とにかく息を吸った。だけど、1週間が終わる頃にはこの短い1分間の休息を楽しめるようになっていた。心拍数も低下していたの。これはナイス!

[5分]「やり終えたリスト」を作成する

今日、もしくは今週、あるいは今年達成できたことをリストアップする。「事細かに書き出し、そのリストを読み返しながら、自分がやり終えた全てのことに感謝をする時間をとりましょう。思っている以上に、あなたは多くのことを達成できているんです」と、キンドレッド。 【感想】 この1週間に私がやり終えたことを書き出してみたらビックリ。母親に電話をかけて、ワークアウトには週に4回も行けた。毎日夕食を作り、1人で映画に行くこともできた。私がこの1週間で22個もやり遂げることができたなんて、普段は気にも留めていなかった。このリストを書き出している間は、ゆったりと時間が流れているように感じたし、自分にもっと自信がついた。私はこれを毎週日曜日の日課にすることに決めた!

【関連記事】