Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

舛添要一氏、黒川氏問題に触れ「マスコミ正義論を打ち壊す役割は果たした」と持論展開

配信

ENCOUNT

「記者を麻雀のメンツにすべきではなかった」

 元厚労相で前東京都知事の舛添要一氏が22日、ツイッターを更新。緊急事態宣言中に賭け麻雀で訓告処分を受け、22日の閣議で辞職が承認された東京高検の黒川弘務検事長について言及した。 【画像】医者もびっくり!…ナオミ・キャンベルが公開したコロナ対策  舛添氏は、「大臣のとき多くの番記者がいたが、特定の記者と仲良くすることは巌に慎んだ」と投稿。その理由について「公平さがなくなるからだ」と述べた。  続けて「オフレコの記者懇談会を設けたが、ルールを守らず内容を週刊誌に売る記者がいたので途中で止めた。黒川氏も記者を麻雀のメンツにすべきではなかったが、マスコミ正義論を打ち壊す役割は果たした」とつづった。

ENCOUNT編集部

【関連記事】

最終更新:
ENCOUNT