Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

4Gでの課題も残る楽天モバイル、現段階では“2台目”向け? 第4のキャリアに勝算はあるのか

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 「4Gに加えて、5Gも使える。料金については2980円」。  9月30日の会見で5Gプラン「Rakuten UN-LIMIT V」を打ち出した楽天の三木谷浩史会長。これまでの4Gプランの料金そのままで、次世代通信サービス5Gも使えるというプランだ。三木谷会長は「他社に比べると平均で約70%。71%程度安い」、楽天モバイルの山田社長も「私どものユーザーが増えれば全体として日本における平均的な携帯料金が下がる」とアピールした。 【映像】“楽天5G“月額2980円の衝撃 値段は大手の半額以下“格安路線“実力は?

 菅総理が年来の持論である携帯料金値下げに意欲を示し、KDDIとNTTドコモが相次いで値下げを検討していくことを明らかにする中での大胆なプラン。携帯電話業界に詳しいライターの佐野正弘氏は「当面は赤字が続くことを覚悟していると思う」と話す。  「ネットワークの仮想化など、新技術を取り入れることで安くしている部分もあるが、やはり戦略的に安くしている部分がかなり大きいと思う。三木谷さんの“勢い”というところもあるだろう」。

 一方、併せて発表された楽天の5G提供エリアは、6都道府県のごく一部の地域に留まっている。この点について佐野氏は「非常に狭く、このエリアからほとんど動かないような人しか恩恵を受けられないといえる。5Gの電波は直進性が高く金属に反射しやすい特性のため遠くまで飛びにくく、しかも楽天が使っている周波数帯域は衛星の通信と干渉してしまうので、基地局を置く場所に制約がある。同時に4Gの提供エリアを広げないといけないので、非常に苦しい立場にある。他社の提供エリアはもう少し広いが、それでも面でカバーしているというよりは、点のイメージ。“5Gのスポットがあちこちにあるよ”というイメージだ」と説明した。

 業界への新規参入である楽天モバイルの現状に目を向けると、やはり先行する大手三社の壁は厚く、6月末時点の申込数は100万人で、今年中に300万人を契約することを目標にしている。「正直なところ、年内に300万人いくかどうかも微妙なところだ。やはり4Gでも実際に“使い放題”になるエリアがまだまだ狭いというのが非常に大きい」(佐野氏)。

【関連記事】