Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ゼロ金利でステーブルコインの淘汰が始まる

配信

CoinDesk Japan

近時のアメリカにおける金利の切り下げに伴い、ステーブルコイン業界は苦境に直面しそうだ。一部のステーブルコイン発行業者は、今後数カ月をかけてビジネスモデルを変えなければならないかもしれない。弱小業者の場合、廃業の可能性すらあり得る。

ステーブルコインと銀行券の類似点

ステーブルコインとはざっくり言えば、標準的な銀行券(紙幣)の最新版と考えてみて欲しい。北アイルランドでは、銀行がいまだに独自の民間紙幣発行を許可されているとご存じだろうか。これらの紙幣は、イギリスの中央銀行であるイングランド銀行発行の紙幣と100%交換可能である。北アイルランドの人々は民間紙幣が大好きで、国が発行する紙幣とまったく同じように扱っている。北アイルランド中で、幅広く利用が可能だ。 ここで、北アイルランドの民間紙幣は政府通貨のレプリカを紙で行ているのに対して、ステーブルコインはブロックチェーン上で発行されたデジタルのレプリカという点が明確な違いだ。しかし、それ以外には、両者はかなり似通っている。 まず、ステーブルコインも紙幣も、無記名の証券と考えられる。中央集権型で当局が会計登録を操作する必要なく、人から人へ、あるいはウォレットからウォレットへと流通する。 どちらにも発行業者が存在する。北アイルランドの紙幣は、3つの紙幣発行銀行から流通される。アイルランド銀行(Bank of Ireland)、ダンスケ銀行(Danske Bank)、そしてアルスター銀行(Ulster Bank)である。一方、ステーブルコインは、(USDコイン(USDC)を発行する)センター(Center)、テザー(Tether)、(トゥルーUSD(TrueUSD)を発行する)トラストトークン(TrustToken)などの金融機関によって、流通される。これらの発行業者は、発行するトークンの価値を管理する役割を負っている。 更に類似する点として、紙幣もステーブルコインも利回りは0%であることが挙げられる。 この0%という特徴は重要である。紙幣の場合のアルスター銀行や、ステーブルコインの場合のセンターといった発行業者が利益を上げる方法なのだ。50ポンドの北アイルランド紙幣、あるいは50ドルのステーブルコインを持つ人は、アルスター銀行やセンターに対して、一時的に資産を投資しているのだ。これらの発行業者は、超安全な政府が保証する口座に預け入れたり、短期国債を購入することで、顧客の資産を再投資することができる。発行業者は利子を顧客に支払うことがないため、アルスター銀行やセンターは利子収入のすべてを自ら蓄えることができる。 こうした利回り0%のトークン発行業者が手にする利益は、通常「シニョレッジ」と呼ばれれ、様々なステーブルコイン発行業者や北アイランドの銀行が業務を続けていく上で助けとなるものだ。

【関連記事】