Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

イバケンコンビ大放言!同級生ライバル高橋由・上原を語る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CBCテレビ

CBCテレビ野球中継「燃えよドラゴンズ」燃えドラch 川上・井端のすべらない話シリーズVol.2 ライバル高橋・上原を語る ドラゴンズ黄金時代を支えた投打の両輪でもあり、97年ドラフト同期でもある川上憲伸、井端弘和が、グラブからマイクに代え、イバケンコンビを結成!燃えドラchというフィールドで球界裏話や同僚、ライバル話を大放出! 第二回第三回の燃えドラchは同級生であり、永遠のライバル球団・讀賣ジャイアンツ投打の主軸であった高橋由伸さん、上原浩治さんを語る!

ひとり次元が違うスーパーマン

イバケンコンビとは、ドラフト97年組の同期である高橋由伸さん。 井端さんの思い出は高校時代まで遡る。 井端さんは東京・堀越学園高、高橋由さんは神奈川・桐蔭学園高と、ともに関東。 練習試合で顔を合わす機会があり、当時の高橋由さんを見て、こう思ったそうだ。 “こういう奴がプロに行くんだ” その後、高橋由さんは慶応大、川上さんは明治大と東京六大学へ、そして井端さんは東都の亜細亜大へ揃って進学。 なんと高橋由さんは1年生から5番に抜擢され、チームの主力打者として猛打をふるった。 当時の活躍する姿を川上、井端さんはともに“野球センスの塊”と表現。外国人ばりのどっしりした構えで、神宮球場の右中間スタンド中段から上段へボールをピンポン球のように飛ばしていたという。 井端『ちょっと音が違ったよね』 二人ともに記憶に残っていたのが、当時行われた東都選抜VS東京六大学選抜という交流試合。 井端『東都は1イニングずつだったけど、皆プロに入ったピッチャーばかり投げていたでしょ?澤崎さんとか黒田さんとか(ともに広島へ入団)』 当時の東都の野球は、各チームにドラフトへかかる好投手が揃っていた為、2-1とか1-0という接戦が多かった。 井端『錚々たるメンバーが1イニングずつ皆、ビュンビュン投げるわけ。でもヨシノブは出てきた全員からヒットを打つという。しかも2ホーマーぐらい打っているのよ!』 川上『そうそう!あれは凄かったよね!ヨシノブってねぇ、一人で全部やっつけちゃうって 感じじゃない?バッターだけでなく途中リリーフで投げたりした時もあったりしてね。それで145キロぐらい投げちゃうの。こっちは同じくらいのスピードを四苦八苦して投げていたというのに』 井端『ピッチャーでも面白かったんじゃないの?』 川上『うん、ピッチャーやっとっても、サードなんかでもプロに入って活躍していたんじゃないかなぁ』 まさに一人次元が違うスキルを発揮していたようだ。

【関連記事】