Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

学芸大学の街の米屋さん『飯塚精米店』の「おむすび」が心にしみるほど美味しい理由

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
食楽web

 お米の収穫が終わり、新米の季節がやってきました。つきたて、炊きたてのご飯は、どんな手の込んだ料理よりも、ダイレクトに美味しさを感じます。 【関連画像】すべての写真を見る 「おにぎり(=おむすび)が大好き!」と公言する著者は、知らない場所に訪れたとき、偶然いい感じの“おにぎり屋さん”を見つけると、お腹がすいていなくてもつい買ってしまいます。一番食べたいのは、お母さんが握ってくれるような、手作り感溢れるもの。そこで思い出したのが、昔住んでいた町にあった「おむすび屋」。それが、今回訪れた『飯塚精米店』でした。

 学芸大学駅から徒歩約2分。お米とおむすびの店『飯塚精米店』は、昔と変わらない風情で街角に佇んでいました。店頭に立つと「いらっしゃいませ~」と笑顔で出迎えてくれて、家族で経営されるアットホームさが伝わってきます。

 “お家で握ったような素朴さがありながら、しみじみと感動する美味しさ”。それが『飯塚精米店』のおむすびです。創業は昭和27年。おにぎりを販売し始めてから、約43年。元々は店主である飯塚隆夫さんのお姉さんが学校に持参した昼食の“おにぎり”が「美味しいね」と話題になり、駄菓子やパンなどと一緒に販売を始めたのがきっかけだそうです。

 当時はまだ、おにぎりは買うよりも家で作る時代。それでも評判を呼び、販売を続けてきました。それは『飯塚精米店』のお米への愛とこだわりが詰まっているからでしょう。 「おにぎりは冷めてから食べることが多いから、固くならず、ボロボロと崩れない程よい食感を大切にしています」(隆夫さん)。そのため、主に「おにぎりくん」というおにぎり用のオリジナルブレンド米を使っています。このお米がとにかく美味しい! 一粒一粒、粒が立っていて、お米の素晴らしさを堪能できるのです。そのお米を際立たせるのが、厳選された海苔と具材です。さて、どんな「おむすび」があるのか、みていきましょう。

オススメの「おむすび」はこれ!

 店頭のショーケースには、優しく握られた「おむすび」がたくさん並んでいます。さけ、梅、たらこなどの王道からウインナーや唐揚げ、ツナマヨ、しらすなどもあり、バラエティ豊か。どれも美味しそう…と悩んでいるところに、「赤飯が炊き上がったよ」との嬉しい声が! ここのお赤飯は大人気。新潟のもち米「こがねもち」を使い、小豆は岡山産の「だるまささげ」を使用。大きなセイロでゆっくりと蒸された赤飯は、昔ながらの桶でほぐしていきます。

【関連記事】