Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「志」だけではダメなのか? 統計不正追及で注目を集めた小川淳也議員の17年間を追った『なぜ君は総理大臣になれないのか』大島新監督に聞く <映画を通して「社会」を切り取る19>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
HARBOR BUSINESS Online

 ただ社会を良くしたい。その一心で当選から17年間、ひたむきに走り続けた政治家の姿を記録したドキュメンタリー映画『なぜ君は総理大臣になれないのか』が、現在、ポレポレ東中野などの劇場で公開されています。  衆議院議員・小川淳也、49歳。2019年の国会で統計不正を質し、SNSで「統計王子」「こんな政治家がいたのか」と注目を集めた。  大島新監督が小川議員と初めて出会ったのは、2003年10月10日、衆議院解散の日。地元香川県の名門・高松高校からストレートで東大法学部へ進学、自治省(現総務省)に入省するも官僚組織の限界を感じ、民主党から初出馬を決意。当時32歳だった。「国民のためという思いなら誰にも負けない自信がある」と真っすぐに語る無私な姿勢に惹かれ、大島監督は撮影を開始した。  地盤・看板・カバンなしで挑戦した初の選挙戦は敗退するも、2005年には初当選、2009年に政権交代を果たすと「日本の政治は変わります。自分たちが変えます」と目を輝かせた。  しかし、2012年に下野してから、政権交代のチャンスはなく、2017年の総選挙では、希望の党への合流を決断した前原誠司の最側近として決断を迫られることに。希望の党の小池百合子代表への不信感から無所属での出馬を検討するも、前原や地元の盟友・玉木雄一郎への仁義というジレンマの中、小川議員の苦悩は続く。背水の陣の選挙戦に彼はどのように挑んだのか。  そして、17年間、小川議員を見続けた監督・大島新の目に映ったのは、日本政治の希望か絶望か――  今回は、同作の監督であり、毎日放送『情熱大陸』などのテレビドキュメンタリーの制作を手掛ける傍ら『園子温という生きもの』(監督)、『ぼけますから、よろしくお願いします。』(プロデューサー)など映画製作も手掛ける大島新さんに、本作の背景や小川議員の選挙戦を取材する中で感じたことなどについてお話を聞きました。

【関連記事】