Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

このタマネギは“露骨に性的”? フェイスブックが広告NGに

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

【もぎたて海外仰天ニュース】  このタマネギの画像、「露骨に性的」に見えます!?  少なくともフェイスブックのAIはそう判断したようだ。カナダの種子販売会社がタマネギの種の広告掲載をフェイスブックに拒否された。 【写真】ミシガン州の大家族は男男男男男男男男男男男男男…男!  カナダのテレビ局CBC(10月8日付電子版)などによると、話題になっているのは、東部ニューファンドランド・ラブラドール州セントジョンズにある種子販売会社「ゲーズ・シード・カンパニー」。  写真の「ワラワラ・オニオン」というタマネギの種の広告の掲載依頼をフェイスブックに出したところ、「露骨に性的な画像で、性的行為を示唆するサービスや製品を掲載できない」という趣旨の返事が返ってきたという。  このタマネギのどこが性的……???  同社のマネージャー、ジャクソン・マクリーンさんはCBCにこう語った。 「2つの丸い形のものがオッパイか何かと誤解されたみたいですね。いや、思わず笑ってしまいました」  CBCがフェイスブックにこの件を問い合わせたところ、10月7日、カナダのフェイスブックの広報部長メグ・シンクレアさんからこんな回答が……。 「フェイスブックから性的な画像を除去するためにAIを使っています。この度の件では、アルゴリズムがワラワラ・オニオンを知らなかったのです。すぐに広告を掲載し、ご不便をかけたゲーズ・シード・カンパニー様に謝罪いたしました」  AIの奇妙な“イマジネーション”のせいで、タマネギが何だかセクシーに見えてきた!?

【関連記事】