Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【エルムS】ダート中距離は混戦必至 京大競馬研は「休み明け2走目の複勝率100%」「雨馬場得意」のワンダーリーデルを狙い撃つ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SPAIA AI競馬

ダート中距離戦線は戦うたびに着順が変わる

8月9日(日)に札幌競馬場において行われるエルムS(GIII・ダート1700m)。マリーンSを快勝し、ダート初勝利を挙げたタイムフライヤー、アンタレスSの勝ち馬ウェスタールンド、初ダートだった前走のプロキオンSでは2着に好走したエアスピネルなどが集まり、非常に混戦模様の一戦となった。夏の北海道シリーズで唯一のダート重賞を制するのはどの馬か、いくつかのデータをもとに分析してみた。 【レパードステークス2020予想】夏の3歳限定ダート重賞、有力馬デュードヴァンに不安あり!(東大HC編) 現在のダート中距離戦線は非常に混戦模様だ。クリソベリルやオメガパフュームなどのGI馬数頭は抜けているが、それ以外の馬についてはレースによって着順が大きく入れ替わっている。 今回エルムSに出走予定の馬も、レースによって着順がかなり入れ替わっている。マリーンSでは、大沼Sで2着だったリアンヴェリテがいいところなく大敗し、カラクプア(今回は出走なし)が7着から2着、アディラートが5着から3着に着順を上げている。ほとんどメンバー構成が変わっていないのにも関わらず、馬場などの条件が変わるだけで大きく着順が変わっているのだ。 他にもタイムフライヤーとワンダーリーデルの着順は毎回入れ替わっていたり、アナザートゥルースとウェスタールンドの着順もよく入れ替わっていたりと、単純な力量比較が難しい。条件次第で、いくらでも着順が変わるくらい実力が拮抗しているので、今回条件が良くなる馬や過小評価されている馬を狙うのが得策だろう。 今週の北海道は雨が降りがちな天気であり、週末も一部雨予報が出ているので、稍重またはそれ以上に水分を含んだ馬場での実施となるだろう。そこで、出走馬のダートにおける稍重以下での成績を取り挙げてみた。 4走以上経験している馬の中では、【3-1-0-0】のアルクトスが複勝率100%でトップ、ついで【3-4-2-2】で複勝率81.8%のハイランドピーク、【4-2-2-2】で複勝率80%のアナザートゥルースが好成績。【4-0-4-4】で最多タイの勝利をあげていたワンダーリーデルは複勝率66.7%という成績だった。逆にタイムフライヤーは【0-0-0-2】で6着、9着と苦戦しており、やや気になるところではある。

【関連記事】