Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

実機レビュー「Apple Watch Series 6」……“血中酸素の測定”を体験、「ソロループ」は傑作だ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

9月18日から発売になるApple Watchの最新モデル「Apple Watch Series 6」のレビューをお届けする。 【全画像をみる】実機レビュー「Apple Watch Series 6」……“血中酸素の測定”を体験、「ソロループ」は傑作だ Series 6では「血中酸素ウェルネスアプリ」の搭載が話題だが、同時に発売されたバンド「ソロループ」も魅力的だ。 今回は、実機とソロループ・バンドの両方の貸出を受けたので、取り急ぎファーストインプレッションをお伝えしたい。

Series 5からの機能アップは小幅、だが着実な改善

今回の試用機材は、大きさ44mmでスペースグレイ・アルミニウムケースのモデル。以前からある本体色なので、ちょっと外観だけでは「Series 6らしさ」が見えないのが残念だが、今回は(PRODUCT)REDとブルーアルミニウムなど、新しい色も増えている。店頭などに行く機会があれば、チェックしてみていただきたい。 箱の中に入っているのはいつもと同じ……と言いたいところだが、確かにオンラインイベントでの説明の通り、USBのACアダプターが入っていない。とは言うものの、PCに接続して充電してもいいわけだし、USBのアダプターはたしかにありふれていて、さほど影響はないだろう。地味な違いだが、実は「Series 6」の箱はロゴが白いエンボス加工で、「SE」の箱は普通の印刷、という違いがある。 手元には筆者私物の「Apple Watch Series 5」(40mm スペースグレイ・アルミニウムケース)があるので、これと比較しながらみていこう。 ディスプレイの常時表示機能が向上し、表示が暗くなっているときでも「ちょっと見やすくなった」とアップルは説明している。 実際に屋外に出て確認したが、その差は、薄曇りの空ではあまり感じられなかった。「気持ち明るいかな……?」というくらいだ。むしろ、暗くなるまでの時間が少し遅くなったようにも感じる。どちらにしろ、ここはそこまで「劇的な変化」とはいえない感じだ。 では動作はどうか? これも、劇的に違うとは言い難い。しかし、確かに速い。 そもそもSeries 5は過去のApple Watchに比べ、アプリ動作のパフォーマンスが上がっていて快適だったのだが、Series 6はもうちょっと「ヌルヌル」「キビキビ」している。これは魅力だ。 とはいえ、Series 5との差が劇的、というほどでないのも事実。「スマートウォッチとしての基本機能」的な部分の改善だけで、Series 5から買い換えるほどではない。 逆にいえば、「Series 5の進化を横目で見つつスルーした人」には、それがさらに正常進化した形なわけで、とても魅力的なアップデートである。 今回は時間がなく検証しきれなかったが、Series 5からさらに「充電が早くなっている」のもポイントだろう。 バッテリー動作時間についてはカタログ上の記載がなく同等と思われるし、体感的にも大きな違いは感じなかった。だが、充電時間は短くなったという。 完全放電から完全充電まで、Series 5では2時間半かかったが、それがSeries 6では1時間半になった。 短縮されているのは主に充電が80%くらいまでの時で、「持ち出すのに不安がある」くらい充電が減ってきていれば、計算上は30分くらいで相当量の充電が可能……ということになる。 これもまた、それだけでSeries 5の利用者が買い換えるものではないが、それより前のモデルのユーザーにとっては魅力だろう。 すなわち「ベースラインが上がった」というのが、Series 6の利点なのだ。

【関連記事】