Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マンチェスター・シティの“レジェンド” ダビド・シルバ【ピックアップ・プレイヤー】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
超WORLDサッカー!

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 【動画】ダビド・シルバ、マンチェスター・シティでのゴール&プレー集 今回はレアル・ソシエダに所属する元スペイン代表MFダビド・シルバ(34)だ。 スペインのカナリア諸島で誕生したシルバは、「常にボールと過ごしていた」と語るほどサッカー漬けの幼少期を送ると、早々にその才能が注目を集め、15歳の時に名門バレンシアの下部組織入りを果たす。2004年夏の17歳の時、当時スペイン2部だったエイバルにレンタル移籍をすると、そのシーズン中にプロデビュー。初年度の2004-05シーズンからレギュラーに定着すると、35試合5ゴールを決めてみせた。 2006年夏にバレンシアに復帰すると、当時クラブで異彩を放っていた元アルゼンチン代表MFのパブロ・アイマールの後釜として、本人の希望もあり背番号21を継承することに。また、スペインのフル代表としてもその年からプレー。2008年にはチャビ・エルナンデス、アンドレス・イニエスタやセスク・ファブレガスと共に創造的な中盤を形成し、ユーロ制覇を成し遂げた。 欧州中から注目を集めるようになったシルバは、2010年夏からマンチェスター・シティでプレー。移籍初年度こそ適応に苦しんだものの、そのアイデア溢れるスキルは激しいリーグであるプレミアでも失われることなく、DFヴァンサン・コンパニやFWセルヒオ・アグエロらと共にシティがトップクラブへと変革を遂げる原動力となった。 在籍10年間で公式戦436試合に出場して77ゴール140アシストを記録。4度のプレミアリーグ優勝、2度のFAカップ優勝、5度のEFLカップ優勝に貢献してきたシルバだが、今夏に退団し、母国のレアル・ソシエダへ加入。ヨーロッパリーグにも出場するソシエダで再びタクトを振るう。 世界を代表する中盤の選手となっているシルバだが、日本と浅からぬ縁がある。日系人の母を持ち、2011年11月に行われたインタビューの中で、本人が「自分の中には少しアジアの血が流れています」と発言。また、自身のツイッター上でも度々、日本人ならば親近感の沸く投稿をしている。 2012年8月には、「ファンからのプレゼントを貰った」という内容に、ガンダムの写真を添付。その写真には、日本の動画サイトである『ニコニコ動画』によく似たサイトを、PCで開いている様子が写り込んでいる。さらに2016年3月には、普段はスペイン語や英語で呟いているツイッターを、日本語で更新。自身の下を訪れていた、日本人と思われる9歳の少年に向けてメッセージを送っていた。

超WORLDサッカー!

【関連記事】