Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「マノロ ブラニク」「アレキサンダー・マックイーン」などが自宅で過ごす人びとにアプローチ さまざまなプログラムを開始

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WWD JAPAN.com

新型コロナウイルスのパンデミックにより、“家にいよう(Stay Home)”という動きが浸透し、世界中で外出自粛の流れが続いている。そんな中で、欧州の各ファッションブランドがSNSを通じたクリエイティブなアプローチで消費者とのつながりを保とうとしている。 【画像】「マノロ ブラニク」「アレキサンダー・マックイーン」などが自宅で過ごす人びとにアプローチ さまざまなプログラムを開始

「ジミー チュウ(JIMMY CHOO)」のデザインコンテストや、「ロエベ(LOEWE)」がインスタライブを通じて行うアーティストのスタジオツアー、英老舗セレクトショックのブラウンズ(BROWNS)がデザイナーや活動家、詩人やモデルたちを取り上げたシリーズ形式のコンテンツ「ファミリーアフェア」など、各ブランドの楽しいアップデートを紹介していく。

"1. 「アレキサンダー・マックイーン」"

「アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)」では2つの取り組みを開始している。インスタグラムでのプロジェクト「マックイーン・クリエイターズ」では、投稿された写真を通じてブランドの代表的なデザインにスポットを当てつつ、フォロワーのクリエイティビティーも刺激している。

ボンドストリートに位置する旗艦店のトップフロアで行われた展示会「ローズ(Roses)」のイメージ写真を公開し、自宅にある素材を使って制作した立体的な花の写真を公開するようフォロワーに呼び掛けた。同ブランドをタグ付けし、“#McQueenCreators”のハッシュタグを付けて4月14日までに投稿された写真の中から選出された作品が、後日オフィシャルインスタグラムで紹介される仕組みだ。

また、音楽ストリーミングサービスのスポティファイ(SPOTIFY)には、過去のファッションショーで使用された音楽をストリーミングできる公式チャンネル「マックイーン ミュージック(#McQueen music)」を開設した。楽曲の編集を担当したのは、20年以上にわたって同ブランドのショーのサウンドトラックを手掛けるジョン・ゴズリング(John Gosling)だ。英女優フィービー・ウォーラー・ブリッジ(Phoebe Waller-Bridge)の姉で作曲家のイソベル・ウォーラー・ブリッジ(Isobel Waller Bridge)や、ロンドン・コンテンポラリー・オーケストラ(London Contemporary Orchestra)とのコラボレーションも計画中で、新たな楽曲やプレイリストの作成も行われる予定だ。

【関連記事】