Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

三足のわらじを履く美容師イラストレーターTAKUO 複数の仕事を両立させるコツは寝ないこと?!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WWD JAPAN.com

「WWD ビューティ」5月21日号では理美容室専売品メーカーを特集しました。理美容サロンと密接な関わりのある特集ということで、表紙のイラストに最適な人物として思い浮かんだのが、フリーランス美容師でイラストレーターとしても活躍するTAKUOさんでした。2018年4月にインスタグラムのアカウントを開設し、美容師の日常を描いた「#美容師あるある物語シリーズ」は同業者からたくさんの共感を集めています。ウエブメディアでの連載や、今年は初の書籍「美容師あるある物語」を小学館から出版し、さらにはプロフェッショナル向けトリートメントメーカー「ウルトワ(ULTOWA)」の1人として、活動の場を広げています。そんな飛ぶ鳥を落とす勢いのTAKUOさんに、美容師になったきっかけや、3つの仕事を両立させるコツ、新型コロナウイルスによって受けた影響などを聞きました。 【画像】三足のわらじを履く美容師イラストレーターTAKUO 複数の仕事を両立させるコツは寝ないこと?!

WWD:まずTAKUOさんが美容師になったきっかけを教えてください。

TAKUO:もともと美容師を目指していたのではなく、高校のときの友達が美容師を目指していて、専門学校のオープンキャンパスに付き添いで行ったことがきっかけ。そこでカットやワインディング(パーマをかける際、毛髪にロッドを巻く作業のこと)の実習を体験した時に、もともと手先が器用だったこともあり、ある程度できちゃったんです。それを見ていた専門学校の先生が僕に向かって「君は経験者かい?」とお世辞じゃない言葉をかけてくれたんです。それがきっかけで「おれって美容師向いているのかも」と単純な理由で目指すことに。どうせやるなら東京でバリバリやりたいと、福島県から東京の山野美容専門学校に入学しました。そうとう練習は頑張ったと思います。学校が終わってからも教室で練習したり、技術を教えてくれるサロンに行って練習をしました。やれるだけのことはやったと思います。就職も絶対に有名店に入りたいという一心で「ビュートリアム(BEAUTRIUM)」を受けて、入社が決まりました。下積みはとてもとてもつらかったですが頑張りました。

【関連記事】