Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中日が痛恨黒星 10回守護神岡田が4四球押し出し決勝点 代打投手三ツ間も実らず…

配信

デイリースポーツ

 「中日1-2ヤクルト」(7日、ナゴヤドーム)  中日が競り負け、3位浮上を逃した。 【写真】痛恨4四球で押し出し 天を仰ぐ岡田  十回に登板した守護神・岡田が4与四球で押し出し。まさかの乱調で決勝点を与えた。  岡田は1-1で延長に突入した十回から登板。先頭青木の四球、申告敬遠などで2死一、二塁のピンチ。ここから広岡に四球を与えて満塁とすると、井野にも連続四球を与えて押し出しで勝ち越し点を献上した。  岡田は今季、この試合前まで6試合の登板で与四球0。このイニングを終えると雄たけびをあげ、いら立ちを隠せなかった。  その裏、1死一、三塁の絶好機で平田が右飛。三走は帰れず、2死一、三塁で京田が打席に入ったが、ヤクルトは申告敬遠で2死満塁となった。一打逆転サヨナラの場面で、投手岡田の打席。野手を使い切っていたため、中日・与田監督は代打に同じく投手・三ツ間の奇策を取ったが、空振り三振に倒れて試合終了となった。  結果的には十回から起用した捕手の加藤を9番に、投手の岡田を8番に置く痛恨の采配ミスも響き、痛い敗戦となった。

【関連記事】