Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

《宮城・大崎》刑務所帰りの父親と交際相手を刺した女の「ヤバすぎる子育て」

配信

週刊女性PRIME

「このアパートに住んでいたのは若くてちゃっこい(小柄な)女。赤ん坊の育て方が危なっかしかったけれど、挨拶も何もできない女だから、余計な口出しをしないようにしていたんだ」 【写真】父と娘が暮らしていた室内の様子  と近所の主婦は声を張る。

赤ちゃんを腰にぶら下げて

 その女こそ、父親と共謀して元交際相手の派遣社員男性(21)を刺したとして殺人未遂の疑いで逮捕されたアルバイト・中鉢瑞帆容疑者。  7月4日午前4時過ぎ、父娘同乗の軽自動車で宮城県大崎市内にある元交際相手宅に乗りつけると、窓ガラスをハンマーで割って夜襲。実父の西條悟容疑者(43)が刃物でわき腹など数か所を刺し車で逃げた。中鉢容疑者は逃走せず、駆けつけた警察官に身柄を確保された。 「逃げた父親は同日昼、県内の路上で車内にいるところを警察官に見つかり、カッターナイフで首を切って自殺した。中鉢容疑者は“父親がやったことで私はやっていない”と否認していたが、その後、現場まで道案内したことを認めた。捜査当局は父娘には強い殺意があったとみて調べを進めている」(地元記者)  元交際相手は、重傷を負ったものの命に別状はないという。  一部報道によると、中鉢容疑者の子どもをめぐり、元交際相手との間でトラブルがあったとされる。  名湯・鳴子温泉で中鉢容疑者宅近くに住む冒頭の主婦は、生後約7か月という「子ども」の育て方に違和感があったと話す。 「ここは温泉地だから共同浴場に入る住民が多い。中鉢容疑者も、アパートの部屋に風呂がないため登録料1万円を払って永久入浴権を得た。ところが、赤ん坊を抱っこするでも、おんぶするでもなく、腰のところにヒモでぶら下げて来るんだよ。赤ん坊がめんこくて声をかけた高齢女性に対しても、あの女はブスーッとして愛想笑いさえしなかったんだから」(同・主婦)  共同浴場にはしらけた空気が漂い、声をかけた高齢女性は「おばあちゃん、もう行くね」と赤ん坊に話しかけるしかなかった。  複数の近隣住民によると、中鉢容疑者は約1か月半前に引っ越してきたばかり。別の女性住民はこんな非常識エピソードを明かす。 「自分は服を着たまま浴室に入り、裸の赤ん坊だけを浴槽にポチャンと入れるんです。母親と離れた赤ん坊は不安になって泣きはじめました。あんまり、赤ちゃんをかまっていない感じでしたね」

【関連記事】