Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「うちはママとママの家庭なんだよ」相続など、法制度の課題も…同性カップルの夢、日本でどう叶える?(後編)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 宿題をする7歳の勇太くん(仮名)を見守る信子さん(34)。2人に血の繋がりはない。信子さんは、勇太くんを産んだエリカさん(32歳)とのレズビアンカップルだ。 【映像】2人のママ“子育てへの壁“子供を望む同性カップルの期待と不安  7年前、別の女性パートナーと交際・同居していたエリカさんは知人男性から精子提供を受け、勇太くんを出産した。信子さんとは、その女性との破局後に知り合い、交際をスタートした。そして、勇太くんが4歳の時から3人で生活している。  「大変だったり、ついていけないこともたくさんあるが、その中に“宝物”みたいなエピソードが転がっているのが子育てなのかなと。それは男女のカップルと変わらないと思うし、女性同士だからすごく困るみたいなところ、あまりない」と話す信子さん。実は海外の精子バンクを利用して妊娠6カ月だ。「今が一番幸せなんだろうなって思えるくらい、自分が望んでいたものが何もかも家の中にあるような感じがする」。  勇太くんも「信さんは一緒にゲームできるし、ママは暇な時にギューギューできるし」。エリカさんも、「息子が生まれた7年前に比べて、LGBTを取り巻く環境は劇的に変わってきている」と話す。  「“周りのおうちはママとパパが多いけれども、うちはママとママなんだよ”ということを小さいときから教えてきた。そうすることで、“自分のおうちはね、ママとママがいてね”と説明ができているし、自分のアイデンティティを偽ることなく生活ができていると感じる。もちろん、保育園ではお友達から“なんで?なんで?”と聞かれることもあった。それでも“色んなおうちがあるんだよ”と伝えていくことで、卒園するときには、周りのお友達みんなが認めてくれていた。“女の子同士でも男の子同士でも結婚できるんだよ”と言っていた友達もいた。ママ友だけでなく、パパたちも理解してくださっていて、すごくサポーティブ。差別的な言葉や偏見の言葉を向けられたことは今まで一度もない。本当に恵まれた環境にあるなと思うし、息子の力でもあると思う。オープンにしてきて良かった」。  それでも、理解が社会に広がるまでには、もう少し時間がかかると感じている。

【関連記事】